そうめんかぼちゃ レシピ。 そうめんかぼちゃのレシピの中で人気なものはコレ!

ほぐれて糸に…!? そうめんかぼちゃの茹で方&レシピをチェック

そうめんかぼちゃ レシピ

そうめんかぼちゃの美味しい食べ方は? 夏の野菜、 そうめんかぼちゃは金糸瓜(キンシウリ)と言って、かぼちゃの仲間です。 中が繊維上になっていて、茹でて柔らかくなると、ほどけてそうめんのようになります。 食感はシャキシャキとしています。 このほどけるところがとても面白くて、我が家でも子供が大喜びでした。 さて、 そうめんかぼちゃが手に入ったら、まずは茹でてから料理しましょう。 2.中の種とワタを取り除いて、水から茹でます。 3.沸騰してから約15分茹で、箸がスッと刺さるくらいになったら、水にさらして冷まします。 4.冷めたらギュッとぺたんこにするように握るとほどきやすくなります。 水にさらしながら、ほどいていきます。 5.ほどいたものを水ですすいでザルにあげます。 スポンサーリンク そうめんかぼちゃが硬くて切れない!上手な切り方は? かぼちゃを切るのに苦労したことはないですか? かぼちゃって本当に硬くて、私も刺さった包丁が抜けなくて困ったことがあります。 そんなかぼちゃに負けず劣らず硬いのが そうめんかぼちゃです。 なので、そうめんかぼちゃをいざ料理しようと思ったら、硬くて切れない! なんてこともあって、途方にくれたりします。 そうめんかぼちゃを切るときは、良~く切れる大きめの包丁でないと、ちょっと大変かもしれません。 輪切りにしたほうが早く茹でられますが、頑張って無理に切ろうとすると滑って危険なので、半分に切っても大丈夫です。 その場合は、様子を見ながら、茹で時間を少し長めにしてください。 半分に切るのも無理!!という時は、かぼちゃと同じように、切る前に電子レンジで3分くらいチンしてください。 ちょっとだけですが柔らかくなります。 この後の茹で時間は少なめにしてくださいね。 柔らかくなりすぎると、シャキシャキ感がなくなっちゃいます。 そうめんかぼちゃの保存の仕方 冷凍もできる! そうめんかぼちゃは、丸ごとだったら、結構長持ちします。 新聞紙にくるんで、風通しの良い冷暗所でなら冬くらいまで大丈夫です。 ただ、夏場とても暑くなるようなところだと、1~2ヶ月が限度ということもあるので、途中触ってみて、どこかへこんでいないか、柔らかくなっていないかなど、様子を見てください。 半分に切った状態のものは、種やワタを取り除いて、ぴったりとラップをして、冷蔵庫に入れてください。 切ってあるものはあまり長持ちはしないので、1週間以内くらいで食べきるようにしてください。 茹でてほぐしたものなら、冷凍保存ができます。 水気を切って、ジップロックなどのジッパー袋に入れて、冷凍します。 保存していたものを、さあ、食べようと切ってみたら、種が発芽してモヤシみたいになっていることがありますが、大丈夫、食べられます。 そのモヤシみたいになった種とワタを取り除いて、普通に調理してください。 おわりに そうめんかぼちゃは、かぼちゃに比べてカロリーが100g中24キロカロリーと 低めですが、栄養は豊富です。 ビタミンや葉酸、マグネシウム、食物繊維、特にカリウムが多く含まれています。 見かけたら、ぜひ買って食べてみてくださいね。

次の

そうめんかぼちゃ

そうめんかぼちゃ レシピ

スポンサーリンク そうめんかぼちゃの茹で方 1. まずそうめんかぼちゃの両端を2センチほど切り落としてから、3~5センチの輪切りにします。 スプーンなどで中のワタと種を取り除いて水から茹でましょう。 沸騰してからおよそ15分ほど茹でます。 そうめんかぼちゃに箸がスーッと刺さるようになったら冷水にさらして冷ましてください。 祖熱が取れたら冷水にさらしながらほぐしていきましょう。 半分に切るのも硬くて無理な場合は、切る前に電子レンジで3分ほど加熱しましょう。 すると少し柔らかくなるので半分に切ることができると思います。 ただやわらかくなりすぎるとそうめんかぼちゃのシャキシャキ感が失われてしまうので、茹でる時間は短くしてくださいね。 半分には切れたけど輪切りにするのは無理そうかも…というときは、半分のまま茹でちゃいましょう。 この場合は様子を見ながら茹でる時間を少し長めにしてくださいね。 保存方法と保存期間について そうめんかぼちゃは非常に長持ちする野菜なんですよ。 カットせずに丸ごと風通しの良い冷暗所へ保存する場合は2か月ほど持ちます。 長持ちしすぎて入れたことを忘れないようにしたいですね(よくやってしまう…)^^; カットしたもの(種やワタを取り除いたもの)はラップで包んだあと更に新聞紙で包んで冷蔵庫へ保存しましょう。 丸ごと保存する場合と違って長くは持たないので早めに食べることをオススメします。 遅くとも1週間経つまでには食べきるようにしましょうね。 また茹でてほぐした状態のそうめんかぼちゃなら冷凍保存もできますよ。 水気を切ったらジッパー袋など密閉袋に入れて冷凍しましょう。 このときしっかりと空気を抜いて冷凍するのがポイントです。 食べるときは自然解凍もしくは流水で解凍してくださいね。 そうめんかぼちゃのおいしいレシピを7つご紹介! そうめんかぼちゃはシャキシャキとした食感が特徴的な野菜です。 そのまま食べてもあまり味がしませんが、クセがない野菜なので様々な料理法で食べることができるのが魅力ですね^^ 食感を活かせるサラダや酢の物にして食べる方が多い印象です。 海外では砂糖を加えてジャム状にしたり、ソースをかけてパスタのように食べられているみたいですよ。 ちょっと甘いかなぁと感じるくらいの甘さひかえめですよ。 そうめんかぼちゃって本当いろいろ使えるんですね。 金糸瓜は茹でるなど加熱することで果肉の線維がほぐれて糸状になり、まるでそうめんみたいな形状になることから「そうめんかぼちゃ」とも呼ばれるようになったんですね^^ そうめんかぼちゃの旬はいつからいつまで? そうめんかぼちゃは7月~8月にかけて収穫します。 なのでスーパーなどで販売される期間が限られてしまうんですね。 そうめんかぼちゃを知らない・見たことがない人がいるのも納得の販売時期の短さです^^; しかしそうめんかぼちゃは長持ちする野菜なので、風通しの良い冷暗所に保存すれば9~10月の秋ごろまでおいしく食べることができるので助かりますね。 シャキシャキとした食感のそうめんかぼちゃは夏に食べたくなる野菜 以上そうめんかぼちゃの茹で方や保存方法などをご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? そうめんかぼちゃはこれからドンドン暑くなる季節にピッタリな野菜ですよ^^ スーパーなどで並ぶ時期が短いのでこの機会にそうめんかぼちゃを食べてみてくださいね!.

次の

そうめんかぼちゃの食べ方は?人気レシピと茹で方や保存方法を紹介

そうめんかぼちゃ レシピ

そうめんかぼちゃは見た目はウリのような形をしており、属性はウリ科カボチャ属。 西洋カボチャの一変種といわれています。 一番の特徴は、中身がそうめんのように糸状にほぐれるというところ。 実はそうめんかぼちゃは俗名で、 正式には「金糸瓜(きんしうり)」という名の野菜。 そうめんかぼちゃというは、その見た目からついた名称です。 他にも、そうめんうり(素麺瓜)、いとかぼちゃ(糸南瓜)という俗名があります。 英語ではスパゲッティ・スカッシュ(Spaghetti squash=スパゲッティ瓜)と呼ばれており、欧米では主菜の付け合わせ、パスタの代わりに食べられている食材です。 日本では 石川県能登の伝統野菜として登録されており、能登以外の地域でも生産されています。 日本では少しめずらしい食べ物ですが、シャキシャキとした食感が特徴で、夏にはさっぱりいただけるおすすめ食材。 そうめんかぼちゃとはどんな野菜なのか、栄養価や下処理の方法、おすすめレシピまでご紹介します!.

次の