ビルゲイツ コロナ 予言。 イタリアの国会議員がビル・ゲイツ氏を『人道に対する罪』で提訴するよう要請|米食品医薬品局はゲイツ財団が出資する新型コロナウイルス検査プログラムを一時停止

パンデミックを予言したビル・ゲイツに「いま何をすべきで、今後どうするべきか」を聞いてみたムービーが登場

ビルゲイツ コロナ 予言

日本各地で感染者発見が相次ぎ、「新たな段階に入った」とされる新型肺炎問題。 世界的大流行も懸念されていますが、かつてMicrosoftと関わっていた方々の間で、ビル・ゲイツ氏の「2015年の予言」が話題となっているようです。 今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、自身もかつて同社に所属していた世界的エンジニアの中島聡さんがその内容を紹介するとともに、新型ウイルスを生物兵器とする説が拡大してしまう理由を考察するなど、多角的に新型肺炎を取り上げています。 ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:中島聡(なかじま・さとし) ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。 NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc. を米国シアトルで起業。 現在は neu. 新型肺炎 新型肺炎に関して、私も色々と調べています。 日本のマスコミが報道するようなことを繰り返しても意味がないので、少し違うアングルからのものを紹介します。 私の知り合い(元Microsoftの連中)の中では、ビル・ゲイツが2015年に行った TEDスピーチ(「Bill Gates: The next outbreak? ビル・ゲイツは、それほど被害が広まる前に沈静化に成功した「エボラ熱」と比べ、感染した人が自覚症状もないままに他の人に病原菌を広げてしまうような伝染病の方がずっと怖く、そのための準備をしておくべきだと各国政府に警告していたのです。 今回の事件に対する対応を見ると、検査体制・隔離施設・危機管理などで国ごとに大きな差が見られますが、まさにビル・ゲイツが必要性を訴えていたような体制を整えていた国とそうでない国の差が出ているのだと思います。 ちなみに、不幸中の幸いなのは、それほど死亡率が高くないことです(2%程度)。 万が一、強毒性の鳥インフルエンザが、人から人への感染能力を持ってしまい、それが今回のように広まりだしたら、大変なことになります。 「コロナウイルスの寿命『ドアノブや机で最長9日間』独研究」という報道は、今回の新型肺炎の予防に関してとても重要な情報だと思います。 先週も書いたように、コロナウィルスの主な感染経路は、ウィルスの付着したドアノブやつり革を触った手から口・鼻・目を通じて体内に取り込まれる経路です。 付着したウィルスが9日間も感染力を維持するということは、ドアノブやつり革に触った手にはウィルスが付着していると考えた方が良いことを示しています。 日本でも株価に影響が出ているでしょうが、米国の株は今回の件にはとても敏感に反応しています(参照:「Stocks close lower amid rise in coronavirus outbreak」)。 1番の理由は、中国が「世界の製造工場」になっているためで、伝染病のために工場が止まるなどすれば、米国の経済に深刻な影響を与えかねません。 興味深いとこでは、インド人の研究者が、新型コロナウィルスの遺伝子解析をし、そこにAIDSを引き起こすHIVウィルスと同じ配列があることから、人工的に作られたウィルスである可能性が高いと結論付け、ネットで話題になりました(参照:「Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike protein to HIV-1 gp120 and Gag」。 この件は、その後すぐに、多くの専門家が、この論文には信憑性がないことを指摘し、この「バイオウェポン説」は下火になりました。 ところが、今度は別の研究者がウィルスには人工的痕跡があると指摘し(参照:「欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに『消すことのできない人工的痕跡』」)、再び「バイオウェポン説」が復活しているようです。 この「バイオウェポン説」が、信憑性を帯びて広がってしまう理由の一つが、武漢市にある武漢国立生物研究所です。 ここは、中国科学院武漢ウィルス研究所が管理する危険な病原体の研究をする施設(バイオセイフティレベルが最も厳しいレベル4)です。 今回の新型肺炎が武漢市から発生したこともあり、この研究所で開発していたバイオウェポンが間違って漏れ出してしまったに違いない、という憶測が広がっているのです。 「中国・武漢市での新型肺炎感染者の死亡率は4. 06%」という記事は、新型肺炎にかかった人の死亡率が、武漢市では4. 06%、天門市で5. 08%、湖北省を除いた中国国内の死亡率は0. 16%と大きな偏りがあるとする中国の衛生当局の発表を紹介しています。 「Fear and Boredom Aboard the Quarantined Coronavirus Cruise Ship」というWall Street Journalの記事には、ダイアモンド・プリンセスに閉じ込めれた乗客たちに関する記事ですが、米国政府はこれを見かねて、米国人乗客を引き取り、チャーター便で自国に連れ帰ることに決めたことが記されています。 この件に関しては、各国から日本政府のやり方が「非人道的だ」と批判を受けていますが、単に批判するだけでなく、自国の国民を「救出」する米国政府の機動力には見習うべき部分が多いと思います。 7億人が自宅学習『授業は中止、勉強は中止せず』中国」という記事が目にとまりました。 今回の事件をきっかけに、満員電車や人混みを避けるライフスタイルを選ぶ人が増え、それがリモートワークやオンライン教育の仕組みに進化圧を与え、本当の意味での「働き方革命」「教育革命」が中国で(そして、ひょっと知ったら世界的に)起こる可能性が十分にあると感じました。 com MAG2 NEWS• 関連記事.

次の

やりすぎ都市伝説の関暁夫のコロナ終息はいつ?イルミナティーカードの予言の内容は?

ビルゲイツ コロナ 予言

画像:twitter (CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 【コロナ予言者】お告げが聞こえる霊媒師が2008年に出版していた不吉な予言書が海外で話題に「2020年頃、重い肺炎が世界中に拡散する」「既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 - 大地震・前兆・予言. com 災害や噂の情報サイト — AZUMIJUNKO azumijunko 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本 「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、 アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 そうした現象は現代に限ったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、 「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」 と結論付けている。 どえらいことできるから、どうしても磨いておいて下されよ。

次の

パンデミックを予言したビル・ゲイツに「いま何をすべきで、今後どうするべきか」を聞いてみたムービーが登場

ビルゲイツ コロナ 予言

TEDとは? TEDは、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。 カナダのバンクーバーで、 毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。 より引用 これだけ見ると「さすがビル・ゲイツ、先見の明があるな」で終わるかも知れません。 しかし彼の「予言」めいた言動はこれだけではありません。 より引用 すなわち、今回の新型コロナウィルスによるパンデミック(2020年)が起きる半年前に、 ほぼ同じ状況のシミュレーションを公式に行っていた(しかも想定したウィルスがコロナウィルス) ということです。 これを聞くと、「シミュレーションでコロナウイルスまでピッタリ予言してるなんて、ちょっと当たり過ぎじゃない?」と疑念を持つ人が出てしまうのも無理はありません。 イベント201について とは、 2019年10月に開催されたもので、 コロナウイルスのパンデミックをシミュレーションし、どのように感染が広がり、どれくらいの被害が出るかを予測したものです。 「対策を今から準備しておこう」というものですね。 シミュレーションではコロナウイルスの発祥地点はブラジルの養豚となっています。 その後18ヶ月で6500万人の死者を出したところで、シミュレーションは終了しています。 【陰謀論】ビル・ゲイツはワクチンの利権を欲している さらに、ビル・ゲイツ氏は ワクチンの普及に熱心であることが疑念に拍車をかけます。 ワクチン開発やワクチン関連事業に莫大な資金を提供しているのです。 また WHOや大手製薬会社とのつながりも指摘されます。 となるとこう考える人がいてもおかしくありません。 「新型コロナウイルスとそれに対するワクチンが同時に『開発』されていたとしたら 莫大な利益を得ることができる」 もちろんこれは、陰謀論好きの妄想に過ぎません。 だってお金ならもう、ビル・ゲイツ氏は捨てるほど持っているでしょう。 ただ、ビル・ゲイツ氏には「お金」以外の噂もありますので問題が複雑なんです。 【陰謀論】ビル・ゲイツがワクチン普及に執着する理由 「ビル・ゲイツ氏はワクチンの普及に熱心」なのは彼の言動から間違いありませんが、これが実に 「度を超えて熱心」なんです。 その点を ロバート・F・ケネディJr. という弁護士が指摘しています。 被害の一例• ゲイツ氏指導のもと、インドでポリオワクチンを幼児に投与させた結果、 49万人の幼児が非ポリオ急性弛緩性麻痺を起こし、2017年にはインド政府から撤退を依頼された。 その後、非ポリオ急性弛緩性麻痺は激減した。 2002年の「MenAfriVacキャンペーン」で アフリカの500人の子供にワクチンを投与し、50人に麻痺が起きた。 ネルソン・マンデラの元上級エコノミストであるパトリック・ボンド教授に 「冷酷で人道に外れた行為」と批判された。 2010年に臨床試験中のマラリアワクチンに資金を提供したが、その ワクチンを投与されたアフリカの幼児151人が死亡、1000人余りに重篤な副作用が出た。 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち 7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、これら以外にも、ビル・ゲイツ氏が大きな影響力を持つと言われるWHOが行ったワクチン投与で、多くの被害が出ているとのこと。 もし、この話が真実なら、 ほとんど「人体実験」とも思えるようなことになってしまいます。 そうなると、 なぜそんな強引なことまでしてビル・ゲイツ氏はワクチン開発に熱心なのかという疑問がわきます。 これに対して、ロバート・F・ケネディJr. 氏は 「世界の医療政策への独裁権力を得るため」と説明します。 【陰謀論】ビル・ゲイツは世界人口を減らしたい でも、 ビル・ゲイツ氏は医療政策への独裁権力を得て何をしたいのでしょう? 「お金ならもう、100回生まれ変わっても使い切れないほど持ってるでしょ。 やっぱり利益のためでなく、純粋に、病気をなくそうと思ってるんじゃないの?」 というのが、妥当な解釈ではないでしょうか。 しかし、それに対してはこんな話が持ち出されます。 またしてもビル・ゲイツ氏のTEDでの講演。 今度は2010年ですが、そこで彼はこんなことを言っています。 「現在世界の人口は68億人です。 90億人程度まで増加します。 しかも「新ワクチン」によって。 ビル・ゲイツはワクチンの危険性を知っていた? 上記ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、WHOが行った「破傷風ワクチンキャンペーン」で 「ケニヤの女性が不妊処理された」と2014年にケニヤのカトリック教医師会が糾弾しています。 また、上項でお伝えした以下の件ですが• 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 この事件では副作用として「受胎障害」に苦しめられる女性が多数出ています。 これはまさに、 人口削減につながる「副作用」です。 その一方で、1990年代にシアトルでビル・ゲイツのプライベートドクターを務めた医師が 「ビル・ゲイツ氏は、 自分の子供に一切のワクチンを投与することを拒否した」 と語ったと言われています。 これが真実なら、 彼はワクチンを危険だとみなしているということです。 ビル・ゲイツの陰謀とは一体何なのか。 すべては人類削減計画の名のもとに では、ビル・ゲイツ氏の陰謀とは一体何なのでしょうか。 以下は一つの仮説です。 決してお金のためではなく、 それ(人類を削減すること)を使命として考えているならば、ビル・ゲイツ氏の行動も一定の理解はできます。 このような視点で見ていくと、ビル・ゲイツ氏が 新型コロナのパンデミックを前もって知っていたとしてもそれは当然というわけです。 全部計画だった可能性もあるということです。 2020年現在、我々が最も欲しているのは「新型コロナウィルスに対するワクチン」であることは間違いありません。 おそらく、そのワクチンを開発した最初の企業・機関が、 今後の世界の医療政策への独裁権力を握ることになります。 このワクチンを一番最初に成功させるのはどこの企業・機関なのか、 我々は注視しながら見守る必要があります。 さいごに 今回お伝えした内容は、今の段階では一つの陰謀論に過ぎません。 たとえば予言ひとつにしても、「そもそも陰謀を企んでるのなら、目立つ予言なんかせずこっそり進めるはずでしょ」と言う見方もできますよね。 また、ビル・ゲイツ氏の言う「ワクチンによる人口抑制」についても、「ワクチンによって死亡率が下がれば、沢山子供を作る必要がなくなるから人口増加率も下がる」と解釈することもできます。 今の時点では、全てにおいてさまざまな解釈が可能であるということです。 真実は時とともに明らかになることでしょう。 サーズ、マーズ、コロナ、全て発生元が中東と中国っておかしいですよね。 スペイン風邪も戦時中に発生したし…。 例えば、自国でウイルス作り自国でばら蒔く人なんかいません、他国にばら蒔くのが妥当です、それも陸続きではない遠い国々が安全ですよね。 露人はいないと思います。 ビルゲイツは計画した人間と何らかの付き合いがあり以前から計画を知ってたのではないか?と.. 思います。 計画を尻これはいけないと預言者を装い世界中に発信したのではいか?なと思います。 人口が減ればその分アマゾンの売り上げも激減します。 またこのウイルスは白人に効果蟻アジア人には効果あまり無いようですしね、ウイルステストする検体が白人しかいなかったからでは?東洋人の検体でテストできなかったのでは?こう言うのを正に自業自得と言うんで生姜 笑 こんな地球を出て月か他の星に行って暮らしたいと思うのも同感ですよね、そんな金持ちじゃあないのでリーむうですけど。

次の