洗濯機 設置費用。 ヨドバシ.com

リフォームの相談です。洗濯機設置場所を作るのに幾らくらいかかるでしょう?

洗濯機 設置費用

洗濯機の設置方法 洗濯機の設置は引っ越し業者さんや電気屋さんのオプションを使うのが、費用的にも手続きの手間的にも一番コストがかからない方法です。 しかし、もっともコストがかからないのは「自分で設置する」方法ですよね。 通常のよくある洗濯機であれば、次の3つのポイントをおさえておけば意外と簡単に洗濯機を設置することができます。 洗濯機の設置ポイント• 排水ホースで洗濯機と排水口を繋ぐ• 給水ホースを取付ける• アース線を取付ける 上記の3つのポイントをおさえておけば、はじめての人でも洗濯機を設置できます。 それでは、それぞれのポイントについてご説明したいと思います。 洗濯機の設置をする前の注意点 洗濯機の設置作業をする際は、安全上の理由から2人以上で作業をするようにしましょう。 設置作業中に点灯して怪我をする人もいるので、かならず2以上で作業をしましょう。 設置ポイント1. 排水ホースを取付ける 洗濯機の設置作業の中で、一番重要なのが「排水ホース」の取り付けです。 きちんと手順どおりに設置できていれば問題ありませんが、取り付けがしっかりできていないと洗濯機を動かしているときに排水ホースが外れて水漏れトラブルに発展することもあります。 【大まかな流れ】• ダンボールから洗濯機を取り出す• ホースを通すキャップを取り外す• 洗濯機と排水ホースを繋いで設置する• 排水ホースを排水エルボと接続してから排水口に取り付ける ざっとした流れが上記になりますが、それぞれの中で覚えて起きたいことがあるのでご紹介します。 ダンボールから洗濯機を取り出す」については、洗濯機で床を傷つけないようにダンボールをクッション代わりに使うのがオススメです。 ただ、ダンボールだけでは心配という人は下に滑り止め付き養生シート(ホームセンターなどで買えます)を敷いておくとより安全に設置作業ができます。 ホースを通すキャップを取り外す」についてですが、洗濯機の下左右もしくは前後のフチにキャップのようなものがあると思います。 これが、洗濯機と排水ホースを繋ぐ箇所になります。 床の排水溝とキャップの位置・向きに気をつけてキャップを取り外すようにしましょう。 洗濯機の種類によってはこのキャップがないものもありますので、キャップがない場合は次のステップに進みましょう。 洗濯機と排水ホースを繋いで設置する」では、取り付けた排水ホースが洗濯機でつぶされていないかを確認するようにしましょう。 排水ホースを排水エルボと接続してから排水溝に取り付ける」については、排水溝と排水ホースを直接つなぐのではなく「排水エルボ」と排水ホースをつなぐことに注意しましょう。 排水エルボとは、洗濯機の排水溝についているL字型の部品のことです。 賃貸マンションなどの場合、排水エルボが備え付けられている場合と自分で用意しないといけない場合があります。 排水エルボは、ホームセンターや大型の家電量販店で購入することができるので備え付けられていない場合は洗濯機の設置をする前に排水エルボを買いにいきましょう。 排水ホースが排水口に取り付けにくい場合 排水ホースを取付ける際には家の作りによっては取付け方も複雑になっている場合がありますので、中には取付けづらいという方もいると思います。 その理由として防水パンの高さが関係しています。 最近の新築マンションなどであれば、防水パンのカサが上がっていて洗濯機が設置してあっても排水口が簡単に目視できる状態ですが、多くの家では洗濯機を置いてしまうと、手が入らないくらいの隙間しかなく取付けしづらいことがあると思います。 そこで防水パンの種類別に排水ホースをスムーズに取付けるコツをご紹介します。 長方形の防水パン 築年数の古い住宅に多く利用されているのが長方形の形をしたフラットタイプ(起伏がなく平ら)の防水パンです。 長方形の理由として、昔よく使われていた二層式洗濯機を置くための造りになっているため横に長い長方形の形をしています。 このタイプの防水パンは比較的作業はしやすいです。 新しい洗濯機は正方形の形をしていることが多いですので、洗濯機を置いたときに排水口が横に来るように設置すれば大丈夫です。 (排水口が丸見えの状態)手を洗濯機の下に潜りこませなくても接続できますので簡単に取り付けることができます。 正方形の防水パン 恐らく多くの住宅で使用されているケースが正方形の防水パンだと思われます。 四隅が少し高くなっているのも特徴です。 洗濯機を防水パンの上に一度設置した状態で排水口に手が届くか試してみましょう。 もし届くようであれば、そのまま取付けることができますが、難しいようでしたら一度洗濯機をどかして排水ホースを排水口に取り付けてから再度洗濯機を定位置に戻すことになります。 このとき注意しなければならないのが、下が狭い状態で排水ホースを無理に繋いでしまうと排水ホースが潰れたり、モーターとホースが干渉して穴が空いたりすることがあります。 もしそのような状態なのであれば、かさ上げ台を設置してから排水ホースを取付ける必要があります。 かさ上げ台は家電量販店で購入することができますので探してみましょう。 かさ上げされた防水パン 最近の新築住宅や築浅の住宅で多いのが、すでに防水パンがかさ上げされているタイプです。 四隅が高くなっていて手を簡単に潜りこませやすく、取付けや掃除がしやすくなっているのが特徴です。 防水パンの上に洗濯機を置いても排水口の位置が簡単にわかり手も届くと思いますので、特にコツなどいらずに簡単に取り付けることができると思います。 設置ポイント2. アース線を取付ける 洗濯機には緑色と黄色が混ざった線、もしくは緑色だけの線が付いていますがこれがアース線です。 【アース線取り付け流れ】• アース線のカバーを開ける• 取り付けネジを緩める• アース線のカバーを開ける」では、コンセントを差し込む穴のすぐ下にアース線用のカバーがあるのでそこをマイナスドライバーなどを使って開けましょう。 取り付けネジを緩める」では、アース線の取り付けを行うネジがカバーの下にあるのでそれを少し緩めましょう。 ネジの頭がなめる(つぶれる)と使えなくなるので、適切なサイズのドライバーを使うようにします。 アース線をネジに絡ませる」では、洗濯機のアース線の皮を向いて銅線をむき出しにした状態で金属板の隙間に差し込みましょう。 アース線を差し込んだら、ネジを閉めてアース線の取り付けは完了です。 ネジをきつく閉めすぎるとアース線が千切れるのでほどほどにするようにしましょう。 アース線の役割 ところでアース線の役割は何かご存知でしょうか?簡単で説明すると、あなたを感電から守ったり火災を防ぐための大切な線です。 洗濯機は家電の中でも水に触れる機会の多い製品です。 もし洗濯機が故障により漏電していた場合、手が水で濡れやすい洗濯機で作業していると感電してしまう恐れがあります。 そこでアース線の出番です。 アース線は大地と繋がっています。 もし漏電していた場合、電気はアース線を伝って大地へと逃がす仕組みになっていますので、漏電による感電や火災から守ってくれます。 安全のためにも、アース線の設置は必ず行いましょう。 設置ポイント3. 蛇口に給水ホースを取付ける 排水ホースを取付けた後、次は洗濯機と水栓を繋ぐために給水ホースを取付けます。 【給水ホースの取り付け流れ】• 給水ホースと水栓(蛇口)を繋ぐ• 給水ホースと洗濯機を繋ぐ 「1. 給水ホースと水栓(蛇口)を繋ぐ」では、給水ホースの先端を蛇口に取り付けます。 万能ホーム水栓を使っている場合は、4つネジ式のニップルを別途蛇口に取り付けてから給水ホースを取り付けましょう。 「給水ホースと洗濯機を繋ぐ」では、樹脂性のナットが給水ホースについているかと思いますので、給水ホースを洗濯機本体に取り付けてナットをしっかりと締めるようにしましょう。 ここまでできたら、作業を完了ですが念のため実際に洗濯機を使ってみて水漏れなどがしないか確認しておくと安心です。 洗濯機の取り外し方 もし引越しなどであれば洗濯機は置いていないと思いますので必要ありませんが、洗濯機の交換ということであれば先に古い洗濯機を取り外さなければいけません。 洗濯機の取り外し方は設置方法よりも簡単ですので安心してもらえればと思います。 基本的には上記でご紹介した設置方法とは逆の手順で進めましょう。 【洗濯機の取り外し3ステップ】• コンセントを外して給水ホースを取り外す• アース線を外す• 排水口から排水ホースを取り外す 最初に洗濯機のコンセントを外し、必ず蛇口が閉まっていることを確認してから給水ホースを取り外します。 このとき給水ホースの中に残った水がこぼれることがありますので、床にタオルや雑巾、バケツなどを置いておきましょう。 給水ホースが取り外せたら、アース線をドライバーを使って外します。 排水口の排水エルボについている排水ホースを取り外す際は、排水エルボの取り扱いに注意しましょう。 賃貸マンションなどで最初から備え付けられている場合は、必ず置いておきましょう。 自分が購入した場合は、念のため次の引っ越し先にも排水エルボを持っていくようにしましょう。 賃貸マンションで引っ越し後に排水エルボがなくなっていたら、敷金が引かれることもあるので注意が必要です。 洗濯機の処分方法 古い洗濯機はまだ使用できるのであれば、知人やリサイクルショップで引き取ってもらう事が可能ですが、使用できなくなった洗濯機の処分方法は廃棄処分です。 その場合の処分方法は「家電リサイクル法」で決められていますので正しい処分方法で処分しなければなりません。 家電リサイクル法とは? 簡単に説明すると、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機はリサイクルしなければならないという法律です。 処分する際は、これらを購入した店舗や住んでいる市区町村役所に連絡するか、自分で指定引取り場所に持ち込むという方法があります。 買い換える際に購入した店舗に引き取ってもらう 家電販売店で購入した場合、買い換えであれば古い洗濯機を引き取ってくれるサービスがあります。 通常、家電販売店で購入した場合はこの処分方法になることが多いと思います。 ネット通販で購入した場合もオプションとして予め依頼しておくことで引き取ってもらえる場合があります。 指定引き取り場所に持ち込む 家電リサイクル券を購入して指定引き取り場所に持っていくと処分してもらえます。 自分の車などで搬送できる場合は、この方法が早くて運搬量も発生しないのでオススメです。 先に郵便局でリサイクル料金を支払ってから、近くの指定引取場所へ運搬します。 煩わしい手続きなどが必要ないので、ご高齢の方はいつも使っている家電販売店に連絡される方が多いようです。 不用品回収業者に依頼する 不用品回収業者に依頼する人もいますが、「無料で回収」という言葉には注意しましょう。 正しく廃棄処分をする際には、必ず「お金」が発生します。 お金が発生しないのは、人気機種で再販が可能な場合くらいです。 不用品回収業者に依頼したら、「無料と聞いたのに何十万円もの高額請求をされた」というトラブルもあるので注意しましょう。 費用面からみると、「買い換え時の店舗引取り(下取りなど)」<「指定引取り場所への持ち込み」<「家電量販店の引き取りサービス」<「不用品回収業者」の順にかかる費用が多くなるのを覚えておきましょう。 洗濯機の設置方法まとめ 今回は洗濯機の設置方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 意外と簡単かも?と思っていただけたら幸いです。 洗濯機は非常に重い家電ですので、運ぶ際には十分に注意して挑戦してみて下さい。 もし重くて持ち運べない、挑戦したけれど難しいと思った場合は作業をやめて業者へ相談することをオススメします。 無理に作業を進めると水漏れなど重大なトラブルに繋がる可能性があります。 もし水漏れトラブルが起きてしまった際は、生活救急車でも水漏れトラブルを解決しております。 ホースから水が漏れてくるといった水漏れトラブルが起きてしまった場合はお気軽に生活救急車にご相談下さい。 「水が出なくなったんですよね、炊事場と風呂と。 その原因というのが、草刈りをしていてパイプが切れたように思うんですよ。 よくわからないのですが。 」とゆっくりとした口調で明るい雰囲気でお電話を頂きました。 屋外配管を傷つけた恐れがあり室内の水が出ないといった状況で、現場は広島市安佐南区伴西のご自宅です。 約60分後のお伺いでご案内をさせて頂くと「よろしくお願いします。 」とご了承いただけましたので、作業員を手配いたしました。 受付日時 2020年5月23日 12時00分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。 「食洗器を今までつけていたのですが、それを取り外そうと思って途中までやったんですけど、蛇口のところがどうしても取れなくなって。 水道の元栓閉めちゃったので水道が使えない状態なので業者さんに見てもらおうと思って電話したんですよね。 」と初めてのお電話で少し不安そうな様子でご相談を頂きました。 苫小牧市桜坂町のご自宅が今回のご訪問先ですので、地域の担当をお調べ致しました。 対応可能なお時間につきましては約60分後のお伺いが可能ですとお伝えしました。 お客様はお時間にご納得頂けた様子で「よろしくお願いします。 」とご依頼されました。 到着前に担当からお電話を差し上げるお約束をしてお手配を終了いたしました。 受付日時 2020年5月22日 17時10分頃 受付担当 麻生 担当より一言 「とにかくお客様のお話を聞くこと」です。 突然起こるトラブルや災害、不安な思いが大きいと思うので、サービススタッフが到着するまでの間、少しでも安心して待って頂けるような応対を心がけています。

次の

洗濯機設置を料金と口コミで比較!

洗濯機 設置費用

新居に洗濯機を持っていく場合、引越し業者から「前日までに水抜きをお願いします」「洗濯機を運ぶ場合は別料金で+数千円です」と言われるケースがあります。 「水抜き、オプションってなに?」と疑問に思った方もいるのでは?また、洗濯機の取り外し・設置にかかる料金も気になりますよね。 水抜きが必要な理由は、洗濯機は水が入っている状態では水がこぼれて他の荷物を濡らす、新居に水がこぼれるため。 また、洗濯機の引越しが別料金になるのは、引越し業者が別の専門業者に依頼をするケースが多いからです。 【洗濯機を上手に引っ越す6つのコツ】• 洗濯機の引越しは別料金となるケースが多いことを知る• 運んでもらう準備として予め『水抜き』が必要• 料金の相場は一般の洗濯機で4500円~、ドラム式で14,000円~• 引越し先の通路通れるか、設置先のパン(土台にある)、蛇口の場所をチェック• 安くするコツは、水抜き、取り外し・取り付けの方法を覚えて自身で行う• 水漏れなどリスクを避け確実に運ぶには、引越し業者(専門業者)に依頼をして確実に行う• 5年以内のものなら買取・回収に出し、新しい洗濯機を買うのも選択肢 ここでは引越し先に洗濯機を持っていく場合に必要な水抜き方法、洗濯機の引越し費用の相場、自身で取り外し、取り付けを行う手順について詳しく説明していきます。 洗濯機の水抜きとは? 洗濯機の水抜きというと『洗濯機の中にたまっている水を抜くこと』と考えがちですが、厳密にいうと少し違います。 というのも、本来洗濯機は脱水まで終了した時点で洗濯機自体に水は残っていないから。 実際には『給水ホース』と『排水ホース』に残っている水を抜く作業を『水抜き』と呼んでいるのです。 洗濯機の水抜き手順は全自動洗濯機かドラム式洗濯機かによっても異なります。 前日に「自分が使っている機種の水抜き方法が分からない!」と慌てないように、事前に該当機種の水抜き方法をチェックしておくとよいでしょう。 一般的な洗濯機(ドラム式以外)の水抜き手順 まずは一般的な全自動洗濯機の水抜き手順を紹介しましょう。 洗面器など水を受けるもの、いらないタオルや古布などを用意してください。 水抜きの作業は給水ホース、排水ホースの順に行います。 給水している水道の蛇口を締めます。 電源を入れ、フタを締めてスタートボタンを押します。 給水ホースの中に残っていた水が抜けていくので、1分程度したら電源を切りましょう。 給水ホースを蛇口から外します。 このときに、水があふれてくることがあるので洗面器を使って水がこぼれないようにしましょう。 続いて排水ホースの水を抜きます。 この段階では給水ホースから出た水が洗濯機に残っている状態です。 でフタをして電源を入れたら脱水ボタンを押して、スタートボタンを押します。 一番、短い時間で回せばOKです。 これで洗濯機から水が抜けます。 洗濯槽に残った水気はふき取っておきましょう。 排水口から排水ホースを抜きます。 このときも水があふれないように洗面器やタオルで受けるようにしてください。 給水・排水ホースを外した際、使用していた部品をなくさないように気をつけてくださいね。 部品はバラバラにならないよう、大きめのジップつきのビニールに入れて、『洗濯機部品』と書いて荷物に入れるか、洗濯槽に入れておくといいでしょう。 給水している水道の蛇口を締める• 洗濯機のドアを閉め、電源を入れる。 機種によって『ドライコース』や『槽洗浄コース』のいずれかを選びスタートボタンを押す• 15秒くらいしたら電源を切り、給水ホースを外す• 電源を入れて、脱水ボタンを押す。 1分になるように設定してスタートを押し、止まるのを待つ• 糸くずフィルターのつまみをゆるめ、洗面器を当てて水を受ける。 水がすべて出たら、タオルなどでふいて元に戻す。 排水ホースの水抜きは普通の洗濯機と同様に行います。 なお、全自動洗濯機でもドラム式洗濯機でも、『水抜きをしたのに洗濯機を傾けると水の音がする』ということがありますが、これは洗濯機のバランスを保つための『液体バランサー』という装置の液体の音なのだそう。 この液体は抜けないようにできているので安心してくださいね。 引越しで洗濯機だけ運んでもらえるサービスも 引越を自力で行う場合、洗濯機や冷蔵庫だけ運んでもらうという方法もあります。 引越し業者では洗濯機だけを運ぶ『家財便』の取り扱いがあるところも。 全自動洗濯機またはドラム式洗濯機は250cmのランクとなり、東京・神奈川間の移動で税込7,398円(2017年4月現在)。 設置を依頼する場合、別途3,000~7,500円の作業費が必要。 【SGムービング】 例として、260cmのランクで東京から神奈川の移動なら税込6,005円。 重さは80キログラムまで対応。 【赤帽】 個人事業主になるため、利用する赤帽によって若干差がありますが洗濯機のみの配送を依頼する場合、全自動洗濯機で13,000円程度。 赤帽の場合、作業員が1人ということが多いので、依頼する側が手伝わなければならなかったり、ドラム式洗濯機に対応していなかったりすることも。 ただし、利用する赤帽によっては追加料金なしで設置をしてくれることもあります。 まずは見積依頼をしてみるのがいいでしょう。 設置にかかる費用と依頼の際の注意点とは 「洗濯機の取り外しや設置なんて自分でできそうにない。。 」という場合、引越し業者に依頼することもできます。 ここでは費用の相場や依頼する際に覚えておきたいことについてご紹介していきます。 洗濯機の設置にかかる費用の相場 費用の相場は以下の通りです。 【一般の洗濯機の場合(ドラム式以外)】• 万が一、集合住宅で水漏れが起きて、下の階に水が流れてしまった場合、修繕費用が数十万から100万円以上かかることも。 それを考えると、この設置費用も妥当といえるのではないでしょうか。 特にドラム式洗濯機の場合、筐体がとても重いので自分で作業をするというのは難しいようです。 うまく設置できていないと、使用するたびに洗濯機が動いてしまう……という事態になることも。 設置は引越し業者に依頼するのがおすすめです。 とはいえ、引越し業者から依頼された専門業者もすべての機種の洗濯機に精通しているわけではありません。 設置を依頼する際にも取扱説明書を用意しておくと、作業がスムーズに進みます。 設置や取り外しを依頼する場合の注意点 以下のポイントを忘れずにチェックしておきましょう。 搬入経路(マンションの通路や家の中の階段、廊下、脱衣所の戸口の幅)を通過できるか• 洗濯機パンに入るか• 排水口や蛇口の位置、高さの確認• 付属部品はそろっているか 引越し業者が洗濯機の設置を行い、万が一水漏れなどの事故があって賠償請求されても、引越し業者の保険ではカバーすることができません。 そのため洗濯機の取り付け、取り外しを電気工事会社に外注しているところも少なくありません。 洗濯機設置のトラブルで多いのが、この外注業者がホースの交換など当日になって別途費用を請求するケースです。 洗濯機の設置を引越し業者に依頼する際は、事前に料金を明確にしておくようにしましょう。 追加料金が発生する場合、電気工事会社は顧客に事前承諾を得る必要があります。 万が一、自分の知らないところで工事が終わり、追加料金が発生していたら、引越し業者に連絡するようにしましょう。 搬入経路が狭くて洗濯機が入らない場合 「憧れのドラム式洗濯機を購入したら、新居の階段を通過できないことが分かった」「洗濯機が大きすぎて脱衣所の戸口を通過できない」引越しが決まった段階でこんなトラブルに遭遇することがあります。 場合によってはクレーンで吊り上げすれば搬入できることもありますが、別途費用が2~3万円かかることに。 退去するときにも搬出のために吊り下げが必要になるため、両方の費用を考えたら、新しい洗濯機を購入した方が安上がりかもしれません。 脱衣所の戸口を通過できない場合、洗濯機の搬入は難しいでしょう。 新品の場合、購入店に事情を話してサイズが合う洗濯機と取り換えてもられる場合もあるようです。 カタログや取扱説明書に書いてある寸法は当てにならない? 洗濯機のカタログには幅や奥行きなどの寸法が記載されています。 しかし、洗濯機の扉のでっぱりや取っ手部分は含まれていないことも。 実際には記載されている寸法より大きいこともあるので、自分の手でメジャーを使って図るのが一番です。 新居の洗濯機パンの大きさを図ろう 引っ越し時に多い「新居のパンに洗濯機が入らなかった」というトラブル。 パンというのは「洗濯機パン」「防水パン」などとも呼ばれる洗濯機の下に置くプラスチック製の受け皿のようなもの。 洗濯機を室内に設置する際に、床と洗濯機の間に入れることで、結露による水滴から床を保護したり、万が一のときの水漏れを防いだりする役割があります。 賃貸物件では洗濯機パンがすでに設置されているので、下見に行く際にはメジャーで正確な寸法を測り、メモしておくようにしましょう。 一般的に洗濯パンの大きさはそれほど変わらないのですが、最近のドラム式洗濯機ではパンの上に乗りきらない、あるいは洗濯機のスペースに物理的に洗濯機がおさまらないというケースもあります。 パンの大きさと洗濯機が合わない場合もあります。 「スペース的には問題ないものの、洗濯機がパンからはみ出てしまう……」こんな場合はどうすればいいのでしょうか。 排水ホースは床にある排水口に直接つながれているため、実際にパンの上に水が漏れるというケースはごくまれ。 最近ではパンを設置せずに、床の上に直接洗濯機を置いている方も増えているようです。 とはいえ、床が傷むことを考えるとやはり洗濯機パンは設置するのがベター。 パンからはみ出てしまうとしても、上に乗せるようにしてはみ出た脚の部分を補強する板を置くなどして対応できることもあります。 ただし、洗濯機は床と水平に置くことが必須。 洗濯機を購入した電気屋さんで「新居のパンの上に乗らなくなってしまったのだけど、いい方法はありませんか?」と相談してみてもいいでしょう。 『設置台』と呼ばれる、本体を高くするときに使う専用部品などで対応できることがあります。 こちらは洗濯機メーカーのサイトの別売り設置用部品のコーナーをチェックしてみてくださいね。 『全自動の洗濯機なのに洗濯機パンが二層式用』など、明らかに合わない場合、管理会社から許可が下りればパンの取り換えることができることも。 また、入居中だけ外して管理会社に預かってもらうという方法もあります。 排水口や蛇口の高さはOK? 排水口が洗濯機の真下になってしまう場合、本体の高さを上げる必要があります。 『補強版』『設置台』『据え付け脚』などの部品で対応できることが多いので、メーカーに問い合わせてみましょう。 また、蛇口と洗濯機の高さが合わない場合、『壁ピタ水栓』という市販のパーツで高さを調節することができます。 付属部品はそろっている? 給水つぎてや給水ホース、排水ホース、コード類、ホースと排水口をつなぐL字型の部品「エルボ」などはまとめて袋に入れて、洗濯機の中に入れるか袋に入れて本体にガムテープなどで張り付けておくと便利。 取扱説明書も忘れないようにしましょう。 洗濯機を自身で取り付け・取り外しし、料金を安くするコツ 洗濯機の引越し料金を安くするコツは、自身で取り外し・取り付けを行うこと。 引越し費用に必要な数千円~を節約できます。 自身で行う場合の工程は大きく分けて以下の3つ。 それぞれの手順についてご紹介します。 ただし、水漏れや設置不備により利用できなくなる場合もあるため、慎重に行ってください。 旧居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り外し• 新居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り付け• 設置後に洗濯機が問題なく使用できるか回してみる 旧居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り外し手順 給水ホースは洗濯機と水道の蛇口を接続するホースのこと。 通常洗濯機の上部に取り付けてあり、蛇口と繋がれています。 取り外しの手順は以下です。 蛇口から給水ホースを外す 蛇口に取り付けてある接続部品『蛇口用ニップル』と給水ホースを外します。 通常ワンタッチ式で簡単に外せます。 蛇口とニップルを外す ニップルにはワンタッチで取り外せるものと、ネジで固定されていてドライバーで外すものがあります。 ニップルを荷物にまとめる 取り外したニップルは、無くさないようにダンボールなどに『洗濯機用部品』と明記して収納 排水ホースは洗濯機と水道の蛇口を接続するホースのこと。 通常洗濯機の上部に取り付けてあり、蛇口と繋がれています。 取り外す手順は以下です。 排水溝から排水ホースを外す 排水溝と洗濯機を繋いでいる接続部品『エルボ』と排水ホースを外します。 通常テープや結束バンドで固定しているので外します。 エルボの所有者を確認 旧居の所有物である場合もあるので管理人に確認してください。 新居にエルボが無い場合は自身で用意します。 料金相場は400円~です。 エルボを荷物にまとめる 取り外したエルボは、無くさないようにダンボールなどに『洗濯機用部品』と明記して収納 アース線とは、コンセント下部についている色付の線で、漏電による感電を防ぐために電化製品に繋ぎます。 漏電の際にその電気を地面(アース)に逃がす役割があります。 水気や湿気がある場所での電化製品利用には設置が義務付けられています。 取り外す手順は以下です。 アース線をコンセントから外す コンセント下部にある緑や黄色の線で、ネジで固定されているのでドライバーで外してください。 アース線をまとめておく 取り外したアース線は新居でも利用するので、線をまとめてテープで洗濯機に固定しておくと便利です。 新居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り付け手順 給水ホース、排水ホース、アース線の取り付けは基本、前述の取り外し手順の逆を行います。 給水ホースの取り付け手順は以下です。 蛇口にニップルを取り付ける 蛇口にニップルをワンタッチもしくはネジで固定します。 ニップルと給水ホースを繋ぐ 排水ホースを取り付ける手順は以下です。 排水溝にエルボを設置 エルボを排水溝にテープや結束バンドで固定します。 新居に接続部品が無い場合は家電量販店や通販等で購入します。 料金相場は400円~です。 エルボと排水ホースを接続 ワンタッチ式や金属ネジが多いので取り付けは差し込むだけ。 アース線を取り付ける手順は以下です。 万一、新居にアース線の接続部分がコンセントに無い場合は管理人に問い合わせてください。 通常、感電を防ぐため、水気のあるところにはアース線設置が義務付けられています。 アース線をコンセント下部の接続部分に繋ぐ 通常ネジで固定するようになっているのでドライバーを用意し固定します。 最後に洗濯機の電源をいれて、洗濯できるか確認 設置後に利用できなくなった場合は、様々な理由が考えられるため、引越し業者や専門業者に問い合わせてください。 自身で設置を行うのは知識も時間も必要になるため、確実&安全に運び設置するには業者を利用した方が効率的です。 引越し先に洗濯機を持っていく?捨てる?買い替える? 新居に引っ越すタイミングで家電を買い替えるという人も多いでしょう。 では、洗濯機は持っていく・捨てる・買い替える、どの選択肢が一番お得なのでしょうか。 荷物が少なくなれば、それだけ引っ越し費用も安くなります。 洗濯機を買い替えるタイミングとして寿命は約8年程度。 費用をかけて新居に持って行ったものの、1~2年で壊れて買い替えることになるのでは割に合いませんね。 長年、使用していて調子が悪かったり、汚れ落ちが悪くなったりしていたら、新しいものを購入して直接、新居に配送してもらった方が安く上がるかもしれません。 洗濯機を処分する際の家電リサイクル料金 洗濯機は家電リサイクル法に従って廃棄する必要があります。 メーカーや型式によってリサイクル料金は異なりますが、リサイクル料金に約2,500円程度、運搬料に500~3,000円程度の費用がかかります。 洗濯機の買取を依頼する 「まだ新しい洗濯機なのに、引っ越し先のスペースにどうしても入らない」そんなときは、不用品回収業者などに買い取りを依頼してみては?購入から5年以内のものであれば、買い取り対象になることが多いので、見積もりを依頼してみましょう。

次の

サカイ引越センターは洗濯機の取り付けはしてくれるの?費用はいくらかかるの?

洗濯機 設置費用

新居に洗濯機を持っていく場合、引越し業者から「前日までに水抜きをお願いします」「洗濯機を運ぶ場合は別料金で+数千円です」と言われるケースがあります。 「水抜き、オプションってなに?」と疑問に思った方もいるのでは?また、洗濯機の取り外し・設置にかかる料金も気になりますよね。 水抜きが必要な理由は、洗濯機は水が入っている状態では水がこぼれて他の荷物を濡らす、新居に水がこぼれるため。 また、洗濯機の引越しが別料金になるのは、引越し業者が別の専門業者に依頼をするケースが多いからです。 【洗濯機を上手に引っ越す6つのコツ】• 洗濯機の引越しは別料金となるケースが多いことを知る• 運んでもらう準備として予め『水抜き』が必要• 料金の相場は一般の洗濯機で4500円~、ドラム式で14,000円~• 引越し先の通路通れるか、設置先のパン(土台にある)、蛇口の場所をチェック• 安くするコツは、水抜き、取り外し・取り付けの方法を覚えて自身で行う• 水漏れなどリスクを避け確実に運ぶには、引越し業者(専門業者)に依頼をして確実に行う• 5年以内のものなら買取・回収に出し、新しい洗濯機を買うのも選択肢 ここでは引越し先に洗濯機を持っていく場合に必要な水抜き方法、洗濯機の引越し費用の相場、自身で取り外し、取り付けを行う手順について詳しく説明していきます。 洗濯機の水抜きとは? 洗濯機の水抜きというと『洗濯機の中にたまっている水を抜くこと』と考えがちですが、厳密にいうと少し違います。 というのも、本来洗濯機は脱水まで終了した時点で洗濯機自体に水は残っていないから。 実際には『給水ホース』と『排水ホース』に残っている水を抜く作業を『水抜き』と呼んでいるのです。 洗濯機の水抜き手順は全自動洗濯機かドラム式洗濯機かによっても異なります。 前日に「自分が使っている機種の水抜き方法が分からない!」と慌てないように、事前に該当機種の水抜き方法をチェックしておくとよいでしょう。 一般的な洗濯機(ドラム式以外)の水抜き手順 まずは一般的な全自動洗濯機の水抜き手順を紹介しましょう。 洗面器など水を受けるもの、いらないタオルや古布などを用意してください。 水抜きの作業は給水ホース、排水ホースの順に行います。 給水している水道の蛇口を締めます。 電源を入れ、フタを締めてスタートボタンを押します。 給水ホースの中に残っていた水が抜けていくので、1分程度したら電源を切りましょう。 給水ホースを蛇口から外します。 このときに、水があふれてくることがあるので洗面器を使って水がこぼれないようにしましょう。 続いて排水ホースの水を抜きます。 この段階では給水ホースから出た水が洗濯機に残っている状態です。 でフタをして電源を入れたら脱水ボタンを押して、スタートボタンを押します。 一番、短い時間で回せばOKです。 これで洗濯機から水が抜けます。 洗濯槽に残った水気はふき取っておきましょう。 排水口から排水ホースを抜きます。 このときも水があふれないように洗面器やタオルで受けるようにしてください。 給水・排水ホースを外した際、使用していた部品をなくさないように気をつけてくださいね。 部品はバラバラにならないよう、大きめのジップつきのビニールに入れて、『洗濯機部品』と書いて荷物に入れるか、洗濯槽に入れておくといいでしょう。 給水している水道の蛇口を締める• 洗濯機のドアを閉め、電源を入れる。 機種によって『ドライコース』や『槽洗浄コース』のいずれかを選びスタートボタンを押す• 15秒くらいしたら電源を切り、給水ホースを外す• 電源を入れて、脱水ボタンを押す。 1分になるように設定してスタートを押し、止まるのを待つ• 糸くずフィルターのつまみをゆるめ、洗面器を当てて水を受ける。 水がすべて出たら、タオルなどでふいて元に戻す。 排水ホースの水抜きは普通の洗濯機と同様に行います。 なお、全自動洗濯機でもドラム式洗濯機でも、『水抜きをしたのに洗濯機を傾けると水の音がする』ということがありますが、これは洗濯機のバランスを保つための『液体バランサー』という装置の液体の音なのだそう。 この液体は抜けないようにできているので安心してくださいね。 引越しで洗濯機だけ運んでもらえるサービスも 引越を自力で行う場合、洗濯機や冷蔵庫だけ運んでもらうという方法もあります。 引越し業者では洗濯機だけを運ぶ『家財便』の取り扱いがあるところも。 全自動洗濯機またはドラム式洗濯機は250cmのランクとなり、東京・神奈川間の移動で税込7,398円(2017年4月現在)。 設置を依頼する場合、別途3,000~7,500円の作業費が必要。 【SGムービング】 例として、260cmのランクで東京から神奈川の移動なら税込6,005円。 重さは80キログラムまで対応。 【赤帽】 個人事業主になるため、利用する赤帽によって若干差がありますが洗濯機のみの配送を依頼する場合、全自動洗濯機で13,000円程度。 赤帽の場合、作業員が1人ということが多いので、依頼する側が手伝わなければならなかったり、ドラム式洗濯機に対応していなかったりすることも。 ただし、利用する赤帽によっては追加料金なしで設置をしてくれることもあります。 まずは見積依頼をしてみるのがいいでしょう。 設置にかかる費用と依頼の際の注意点とは 「洗濯機の取り外しや設置なんて自分でできそうにない。。 」という場合、引越し業者に依頼することもできます。 ここでは費用の相場や依頼する際に覚えておきたいことについてご紹介していきます。 洗濯機の設置にかかる費用の相場 費用の相場は以下の通りです。 【一般の洗濯機の場合(ドラム式以外)】• 万が一、集合住宅で水漏れが起きて、下の階に水が流れてしまった場合、修繕費用が数十万から100万円以上かかることも。 それを考えると、この設置費用も妥当といえるのではないでしょうか。 特にドラム式洗濯機の場合、筐体がとても重いので自分で作業をするというのは難しいようです。 うまく設置できていないと、使用するたびに洗濯機が動いてしまう……という事態になることも。 設置は引越し業者に依頼するのがおすすめです。 とはいえ、引越し業者から依頼された専門業者もすべての機種の洗濯機に精通しているわけではありません。 設置を依頼する際にも取扱説明書を用意しておくと、作業がスムーズに進みます。 設置や取り外しを依頼する場合の注意点 以下のポイントを忘れずにチェックしておきましょう。 搬入経路(マンションの通路や家の中の階段、廊下、脱衣所の戸口の幅)を通過できるか• 洗濯機パンに入るか• 排水口や蛇口の位置、高さの確認• 付属部品はそろっているか 引越し業者が洗濯機の設置を行い、万が一水漏れなどの事故があって賠償請求されても、引越し業者の保険ではカバーすることができません。 そのため洗濯機の取り付け、取り外しを電気工事会社に外注しているところも少なくありません。 洗濯機設置のトラブルで多いのが、この外注業者がホースの交換など当日になって別途費用を請求するケースです。 洗濯機の設置を引越し業者に依頼する際は、事前に料金を明確にしておくようにしましょう。 追加料金が発生する場合、電気工事会社は顧客に事前承諾を得る必要があります。 万が一、自分の知らないところで工事が終わり、追加料金が発生していたら、引越し業者に連絡するようにしましょう。 搬入経路が狭くて洗濯機が入らない場合 「憧れのドラム式洗濯機を購入したら、新居の階段を通過できないことが分かった」「洗濯機が大きすぎて脱衣所の戸口を通過できない」引越しが決まった段階でこんなトラブルに遭遇することがあります。 場合によってはクレーンで吊り上げすれば搬入できることもありますが、別途費用が2~3万円かかることに。 退去するときにも搬出のために吊り下げが必要になるため、両方の費用を考えたら、新しい洗濯機を購入した方が安上がりかもしれません。 脱衣所の戸口を通過できない場合、洗濯機の搬入は難しいでしょう。 新品の場合、購入店に事情を話してサイズが合う洗濯機と取り換えてもられる場合もあるようです。 カタログや取扱説明書に書いてある寸法は当てにならない? 洗濯機のカタログには幅や奥行きなどの寸法が記載されています。 しかし、洗濯機の扉のでっぱりや取っ手部分は含まれていないことも。 実際には記載されている寸法より大きいこともあるので、自分の手でメジャーを使って図るのが一番です。 新居の洗濯機パンの大きさを図ろう 引っ越し時に多い「新居のパンに洗濯機が入らなかった」というトラブル。 パンというのは「洗濯機パン」「防水パン」などとも呼ばれる洗濯機の下に置くプラスチック製の受け皿のようなもの。 洗濯機を室内に設置する際に、床と洗濯機の間に入れることで、結露による水滴から床を保護したり、万が一のときの水漏れを防いだりする役割があります。 賃貸物件では洗濯機パンがすでに設置されているので、下見に行く際にはメジャーで正確な寸法を測り、メモしておくようにしましょう。 一般的に洗濯パンの大きさはそれほど変わらないのですが、最近のドラム式洗濯機ではパンの上に乗りきらない、あるいは洗濯機のスペースに物理的に洗濯機がおさまらないというケースもあります。 パンの大きさと洗濯機が合わない場合もあります。 「スペース的には問題ないものの、洗濯機がパンからはみ出てしまう……」こんな場合はどうすればいいのでしょうか。 排水ホースは床にある排水口に直接つながれているため、実際にパンの上に水が漏れるというケースはごくまれ。 最近ではパンを設置せずに、床の上に直接洗濯機を置いている方も増えているようです。 とはいえ、床が傷むことを考えるとやはり洗濯機パンは設置するのがベター。 パンからはみ出てしまうとしても、上に乗せるようにしてはみ出た脚の部分を補強する板を置くなどして対応できることもあります。 ただし、洗濯機は床と水平に置くことが必須。 洗濯機を購入した電気屋さんで「新居のパンの上に乗らなくなってしまったのだけど、いい方法はありませんか?」と相談してみてもいいでしょう。 『設置台』と呼ばれる、本体を高くするときに使う専用部品などで対応できることがあります。 こちらは洗濯機メーカーのサイトの別売り設置用部品のコーナーをチェックしてみてくださいね。 『全自動の洗濯機なのに洗濯機パンが二層式用』など、明らかに合わない場合、管理会社から許可が下りればパンの取り換えることができることも。 また、入居中だけ外して管理会社に預かってもらうという方法もあります。 排水口や蛇口の高さはOK? 排水口が洗濯機の真下になってしまう場合、本体の高さを上げる必要があります。 『補強版』『設置台』『据え付け脚』などの部品で対応できることが多いので、メーカーに問い合わせてみましょう。 また、蛇口と洗濯機の高さが合わない場合、『壁ピタ水栓』という市販のパーツで高さを調節することができます。 付属部品はそろっている? 給水つぎてや給水ホース、排水ホース、コード類、ホースと排水口をつなぐL字型の部品「エルボ」などはまとめて袋に入れて、洗濯機の中に入れるか袋に入れて本体にガムテープなどで張り付けておくと便利。 取扱説明書も忘れないようにしましょう。 洗濯機を自身で取り付け・取り外しし、料金を安くするコツ 洗濯機の引越し料金を安くするコツは、自身で取り外し・取り付けを行うこと。 引越し費用に必要な数千円~を節約できます。 自身で行う場合の工程は大きく分けて以下の3つ。 それぞれの手順についてご紹介します。 ただし、水漏れや設置不備により利用できなくなる場合もあるため、慎重に行ってください。 旧居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り外し• 新居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り付け• 設置後に洗濯機が問題なく使用できるか回してみる 旧居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り外し手順 給水ホースは洗濯機と水道の蛇口を接続するホースのこと。 通常洗濯機の上部に取り付けてあり、蛇口と繋がれています。 取り外しの手順は以下です。 蛇口から給水ホースを外す 蛇口に取り付けてある接続部品『蛇口用ニップル』と給水ホースを外します。 通常ワンタッチ式で簡単に外せます。 蛇口とニップルを外す ニップルにはワンタッチで取り外せるものと、ネジで固定されていてドライバーで外すものがあります。 ニップルを荷物にまとめる 取り外したニップルは、無くさないようにダンボールなどに『洗濯機用部品』と明記して収納 排水ホースは洗濯機と水道の蛇口を接続するホースのこと。 通常洗濯機の上部に取り付けてあり、蛇口と繋がれています。 取り外す手順は以下です。 排水溝から排水ホースを外す 排水溝と洗濯機を繋いでいる接続部品『エルボ』と排水ホースを外します。 通常テープや結束バンドで固定しているので外します。 エルボの所有者を確認 旧居の所有物である場合もあるので管理人に確認してください。 新居にエルボが無い場合は自身で用意します。 料金相場は400円~です。 エルボを荷物にまとめる 取り外したエルボは、無くさないようにダンボールなどに『洗濯機用部品』と明記して収納 アース線とは、コンセント下部についている色付の線で、漏電による感電を防ぐために電化製品に繋ぎます。 漏電の際にその電気を地面(アース)に逃がす役割があります。 水気や湿気がある場所での電化製品利用には設置が義務付けられています。 取り外す手順は以下です。 アース線をコンセントから外す コンセント下部にある緑や黄色の線で、ネジで固定されているのでドライバーで外してください。 アース線をまとめておく 取り外したアース線は新居でも利用するので、線をまとめてテープで洗濯機に固定しておくと便利です。 新居での給水ホース、排水ホース、アース線の取り付け手順 給水ホース、排水ホース、アース線の取り付けは基本、前述の取り外し手順の逆を行います。 給水ホースの取り付け手順は以下です。 蛇口にニップルを取り付ける 蛇口にニップルをワンタッチもしくはネジで固定します。 ニップルと給水ホースを繋ぐ 排水ホースを取り付ける手順は以下です。 排水溝にエルボを設置 エルボを排水溝にテープや結束バンドで固定します。 新居に接続部品が無い場合は家電量販店や通販等で購入します。 料金相場は400円~です。 エルボと排水ホースを接続 ワンタッチ式や金属ネジが多いので取り付けは差し込むだけ。 アース線を取り付ける手順は以下です。 万一、新居にアース線の接続部分がコンセントに無い場合は管理人に問い合わせてください。 通常、感電を防ぐため、水気のあるところにはアース線設置が義務付けられています。 アース線をコンセント下部の接続部分に繋ぐ 通常ネジで固定するようになっているのでドライバーを用意し固定します。 最後に洗濯機の電源をいれて、洗濯できるか確認 設置後に利用できなくなった場合は、様々な理由が考えられるため、引越し業者や専門業者に問い合わせてください。 自身で設置を行うのは知識も時間も必要になるため、確実&安全に運び設置するには業者を利用した方が効率的です。 引越し先に洗濯機を持っていく?捨てる?買い替える? 新居に引っ越すタイミングで家電を買い替えるという人も多いでしょう。 では、洗濯機は持っていく・捨てる・買い替える、どの選択肢が一番お得なのでしょうか。 荷物が少なくなれば、それだけ引っ越し費用も安くなります。 洗濯機を買い替えるタイミングとして寿命は約8年程度。 費用をかけて新居に持って行ったものの、1~2年で壊れて買い替えることになるのでは割に合いませんね。 長年、使用していて調子が悪かったり、汚れ落ちが悪くなったりしていたら、新しいものを購入して直接、新居に配送してもらった方が安く上がるかもしれません。 洗濯機を処分する際の家電リサイクル料金 洗濯機は家電リサイクル法に従って廃棄する必要があります。 メーカーや型式によってリサイクル料金は異なりますが、リサイクル料金に約2,500円程度、運搬料に500~3,000円程度の費用がかかります。 洗濯機の買取を依頼する 「まだ新しい洗濯機なのに、引っ越し先のスペースにどうしても入らない」そんなときは、不用品回収業者などに買い取りを依頼してみては?購入から5年以内のものであれば、買い取り対象になることが多いので、見積もりを依頼してみましょう。

次の