鬼滅の刃 禰豆子 成り代わり。 【鬼滅の刃】ぶっちゃけ鬼舞辻無惨って組織の頭には向いてなかったよな・・

【鬼滅の刃】ぶっちゃけ鬼舞辻無惨って組織の頭には向いてなかったよな・・

鬼滅の刃 禰豆子 成り代わり

しかしこれまで獪岳が鬼殺隊で 活動する姿は描かれることが ありませんでした。 もしかしたら獪岳は師範の元を 去った後鬼殺隊には入隊 しなかったのではないでしょうか。 そしてそれが獪岳が鬼になった 理由と関係しているかもしれません。 もしかしたら善逸の存在が獪岳を 鬼へと向かわせたのかもしれません。 善逸に対して怒りをぶつけている 場面から恐らくその実力は 善逸よりも上であると獪岳も 善逸も思っているようです。 鬼となった獪岳の血鬼術も 習得した雷の呼吸がもとになっている 可能性が高そうです。 その理由は獪岳の目にあります。 そこにはなんと上弦の陸の文字 が刻まれていました。 上弦の陸は妓夫太郎と堕姫が やられてから空白となっていました。 その地位に獪岳が新たに就いたようです。 上弦の陸の実力が高いのは妓夫太郎と 堕姫との戦いで分かっています。 鬼殺隊は音柱宇随と炭次郎、善逸、伊之助 禰豆子が力を合わせることで やっと勝利することができました。 獪岳も同レベルの実力だとすると 善逸は相当苦労することが予想されます。 目立った成果がない獪岳がいきなり 上弦の陸となるには何かがあったと 考えるのが自然です。 獪岳はかつての師範であった じいちゃんを食べたのでは ないかと予想しています。 獪岳はかつての雷柱であった師範を 食べることで雷の呼吸が元となる 自らの血鬼術の力を大幅に高めた 可能性が高そうです。 もしかしたらじいちゃんを食べることと 上弦の陸の地位を約束することを 条件に獪岳は無惨に鬼に されたのかもしれません。 もし獪岳がじいちゃんを食べたのが 本当だとすると善逸が獪岳に対して 激しい怒りを向けているのも分かります。 獪岳は鬼になっていました。 しかも上弦の陸です。 獪岳が鬼になった経緯も気になりますが どのようにして上弦の陸まで 上り詰めたのかも気になります。 そして獪岳が上弦の陸になるきっかけと なったのはじいちゃんを食べたこと ではないかと予想しています。 善逸はこの事実を聞いて獪岳に 激しい怒りを感じているようです。

次の

鬼滅の刃は面白いorつまらない?なぜ人気か理由を紹介!

鬼滅の刃 禰豆子 成り代わり

Contents• その着せ替え人形は恋をするの見どころ 「その着せ替え人形は恋をする」はヤングガンガンで2018年から連載中のラブコメです。 内容は、「ひな人形のことしか頭になかったボッチの主人公 五条君が高校で底抜けに明るいギャル 喜多川海夢(まりん)に出会い、コスプレを通じて色々目覚めていく」って感じのもの。 もう、とにかく明るくていい子なまりんに触れて、どんどん自分を肯定していけるようになる五条君、この二人を応援したくてたまらない気持ちになってどんどん読み進めていってしまうことうけあいです。 とにかくまりん この作品の魅力は、何と言ってもとにかくヒロインのまりんちゃんですね。 明るくてポジティブで、アニメやゲームが好きっていう気持ちへの芯が通っていて可愛い!! ・・・こんないい子が近くにいたら全員幸せになっちゃうんじゃないかって思います。 まぁ、漫画だからこそ成せる技なんですけどもw なんか最近の漫画ってこういう「いいギャル」を登場させるものがいくつかありますよね。 ていうかこういう漫画のおかげで、もう最近は「ギャル=実はめっちゃいい子」っていう定義が出来てるんじゃないかって思っちゃう。 でも、その中でもズバ抜けて「いいギャル」なのです。 まりんちゃんは。 ジュジュ様との初邂逅が素晴らしかった いいギャルエピソードは作中にいっぱいあるんだけど、僕が一番印象的だったのは3巻第17話。 憧れのレイヤーさんであるジュジュ様と初めて対面したまりんちゃんは興奮して愛情表現を炸裂させてしまうのですが、ジュジュ様に迷惑そうにあしらわれます。 で・・・普通だったらちょっと落ち込んだりするようなシーンだと思うんですよ。 これ、ジュジュ様はちょっと「聞けよ」みたいな感じで怒ってたけども、きっと読者は全員癒されたことでしょう。 あとその話の最後に一緒にコスプレの撮影をさせてほしいとお願いして、秒で断られた時のまりんちゃんが「ぶわははは食い気味に拒否られたんだけど!」と大爆笑するシーンもすごかった。 普通自分が拒否られたことを自分で大爆笑できる!? 僕は一瞬目を疑いましたよ・・・。 ギャルってこんなに明るいんだっけか。 いいなぁギャル。 こんなんだったら一家に一人欲しいわ、、、(家が明るくなりそう) まりんが恋に落ちるシーンの絶妙さ そんなまりんちゃん、作中の結構序盤で某氏に恋に落ちることになります。 まぁ、主人公の五条君なんだけど(ネタバレ)。 他の漫画だともうちょっと自分の気持ちに気づく部分とかをモヤッと書きそうなところなのに、ギャルゆえか「スパーン!!」と恋に落ちたことを認めるんですね。 その恋に落ちる瞬間っていうのが、すごくロジカルというか・・・絶妙な感じに描かれていて、涙がでそうになりました。 あの、本当にネタバレなんだけど、1巻の第7話で五条君が 俺にとって『奇麗』は…特別なものに対する言葉になって…心から思った時でないと言えないと言いますか… というセリフがありまして。 読者はみんなここで「ははーーーん」って思うわけですよ。 まりんちゃんのコスプレを見て、五条君が「キレイ」つって恋に落ちるわけね?って。 で、まぁ・・・その通りになる(2巻14話)んですけどw そこの描写がなんとも言えない鳥肌ものっていうか。 そこまでに至る過程が良かったと言いますか・・・。 とにかく絶妙なのであります。 もう、作者先生のセンスだよこれは! ・・・あれだ、とりあえず2巻までは「試し読み可」にすべきですよ。 もうそこまで読んだら絶対にあとには引けないから、、、• ちゃんと女性目線のラブコメ? ちなみに作者の福田晋一先生って女性さんらしくて。 よく言われるラブコメの設定で「男性作者だと、冴えない男になぜか女が一目惚れする」というのがあって、女性読者にはウケにくいものがあるじゃないですか。 この作品はその辺を見事にクリアしていると思うのです。 五条君も例外なく、登場するヒロインにはことごとくモテるわけなんですけど、そういう状況になるための理由付けがしっかりとされていました。 たとえばまりんちゃんも最初は五条君のことなんて全く恋愛対象としては見ていなかったわけなんですよ。 でも彼が真摯にコスプレやアニメ作品に向き合うことや、それができる生い立ちというのがしっかりと用意されていて、「これなら惚れるよね。 仕方ないよね。 」って感じになっているんです。 ・・・まぁ、男目線でしか見てないので、実際に女性が見てどう思っているのかはわからんけどw そういうカラクリもあって、読者としては「まりんちゃんも五条君も幸せになってくれ!」と二人を応援したくなるわけなのであります。 (もちろんジュジュ様も心寿ちゃんも) 誰も嫌なヤツがいない(今のところ) ラブコメとかって、作品のスパイスとして嫌なヤツが登場するじゃないですか。 むやみに主人公を傷つけてきたりして、それをヒロインがかばうことでキュンキュンする・・・みたいな。 この作品は今のところ・・・そういう存在がいない優しい世界で成り立ってます。 一応冒頭で五条君を否定する女の子(従姉妹のお姉ちゃん?)や、まりんちゃんを口説こうとしてアニメ作品を否定したチャラ男が出てきますが・・・物語に大きく絡んでくる子たちはみーーーーーーーーーんないい子なの。 そういうところもこの作品の魅力だと思うんですよね。 読んでて嫌な感じに胸が締め付けられることがない、っていうか。 ほら、主人公やヒロインが傷つけられたりすると、作品にどっぷりハマりこんじゃう僕みたいな読者は一緒に傷ついてしまうじゃないですか。 五条君と心寿ちゃんがこっそり二人で会ってたことにまりんちゃんが嫉妬してソウルジェムが黒く濁りそうになる・・・みたいなのはありましたけども、、、やっぱり持ち前の明るさで可愛く乗り切っていましたし、そのシーンを読んだ僕ら読者はみんなエビス顔になっていましたので。 とにかくテンポが良い あとはこの作品の魅力として感じる部分に「テンポ」も挙げられるかな。 上にも書いたとおり、まりんちゃんが恋に落ちる、それを認めるところとかも本当に小気味良い感じなんですね。 自分の気持ちに気づいて「しゅきしゅきしゅきー(原文ママ)」ってなっちゃうところとか。 今までのヒロインでこんな子いた!? もちろん逆に、終わりの終わりまで自分の気持ちに気づけなくて悶々とするヒロインっていうのもいいんだけど、この作品においてはこれが正解なんだろうなーと。 それから、ちょいちょい挟み込まれるギャグシーンのテンポも素晴らしいんです。 第一話の「なんですって?」も絶妙だったでしょ!?w あんな感じのがところどころにありますからね・・・。 個人的には3巻19話でまりんちゃんが作ったオムライスに対する五条君の感想とかたまらんかった・・・。 魔法少女「フラワープリンセス烈!! 」が観たいw あと本編とは直接関係ないんだけど、作中作として登場する「フラワープリンセス烈!! 」っていうアニメ作品があるんですよ。 なんかこれがまた凝ってるというか、、、スピンオフで作品作れちゃうんじゃない??ってぐらいの濃さでw まどマギ要素を持ったプリキュアみたいな感じなのかなぁ・・・? すっごい気になる作品になっているのです。 主人公プリンセスデイジーことミライのライバル、プリンセスリリィだった二階堂シオン。 シオンたんは敵のブラックロベリアが「『幼馴染の男友達二人が付き合っていた』という事実にフラワージュエルが濁ってしまったおねーたま、ネオンである」という事実を知り闇落ちし、ブラックリリィとなる・・・。 こんなん普通に観たいわ、、、 しかもキュゥべえみたいな性悪ウサギなんかも出てきてて・・・キャラ立ってんだよなぁ。 「とっとと失せろなのです!」とかアニメで聴きたいw おわりに というわけで・・・「その着せ替え人形は恋をする」の紹介でした。 もう、とにかく明るくてかわいいまりんちゃんに癒されるためだけにでも読んでみてほしいです。 本当に尊いから。 あと、作品が終わるまでには僕らもギャル語をマスターできるようになってると思うから。 (好きな人=しゅきぴ とか初めて知ったわw) 一応今後はラブコメの王道として、「好き同士がお互いの気持ちに気づけずモヤモヤする」っていう展開を辿るんですかね~? 彼らはまだ高校1年生だし、まだまだまだまだ色々やれそうだなー。 楽しみ!! カテゴリー• 231• 132• 105• 172• 279• 132• 205• 170• 219• 141• 18 アーカイブ アーカイブ その着せ替え人形(ビスク・ドール)は恋をする を読んだ感想。

次の

鬼滅の刃の小説

鬼滅の刃 禰豆子 成り代わり

が初めて出会った鬼殺隊士である。 と化したが炭治郎を襲う現場に現れ、問答無用で禰豆子の頚を刎ねようとしたが、自分と刺し違えてでも妹を守ろうとする炭治郎と、その兄を庇う禰豆子の姿を見て刀を引く。 そして炭治郎に、恩師・の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示した。 炭治郎を紹介するため、義勇が鱗滝に宛てた手紙には、 「突破して"継ぐ"事ができるかもしれません」としたためてあったため、炭治郎には厳しい態度で接しつつも、その強い意志を認め、自身は水柱ではないという義勇自身の認識から、水の呼吸を極めて次代の本当の水柱を継ぐことが出来るかもしれないと考えていることが読み取れる。 心の芯には優しさが満ちているのを行動の端々に感じさせるが、鬼に家族を殺され絶望の淵にいた炭治郎の境遇に共感を覚えていた様子から、義勇自身も近しい者を鬼に殺められた過去があるのではないかと推察され、多くの鬼殺隊士がそうであるように、鬼に対しては一滴の慈悲も見せない。 「人も鬼もみんな仲良くすればいいのに」と呟くしのぶに「鬼が人を喰らう限りは無理な話だ」と返しており、を見込んだのは彼にとってあくまでも 例外である。 柱合会議では、禰豆子が人を襲うようなことがあれば責任をとって 師である鱗滝と共に切腹をする覚悟であることを他の柱たちに公言するなど、竈門兄妹に対しては強く思うところが有るようだ。 『』 上記の説明のみだとクールなエリート美青年……に見えるが、その実非常に口数が少なく(本人曰く 「話すのが嫌い」)、コミュニケーションが得意ではない。 対する義勇は 「 俺は嫌われてない」 と強く否定しており、傍目には分かりづらいもののショックを受けていた様である。 このやり取りの直前には、滅殺するべき鬼の禰豆子を狙うしのぶの攻撃を義勇が妨げており、そのことを問い質すしのぶに仔細を語らず、ただ竈門兄妹を逃がすという、義勇の鬼殺隊士として不可解な行動が描かれ、しのぶの刺々しい言葉もこの一連の出来事に対してのものかと思われた。 なおも禰豆子の滅殺を試みるしのぶに対して、最終的に義勇は彼女の動きを封じるべく。 後の柱合会議において、矢張り 義勇の説明不足は通常運転であり、これまでしのぶ以外の柱たちへも連絡や説明の必要な事柄を話してこなかったこと、その所為で「嫌われている」発言に到ったことが判明している。 不和の原因を全く理解していないことが分かる)。 上記の通り しており、基本的に「説明」という行為を省き、口喧嘩はすぐに切り上げ、口より先に手が出るというような、寡黙というかとにかく な青年として描かれ、何を考えているかわからない、協調性に欠ける人物として認識されているらしいことが窺える。 だが肝心なのは、初登場時から竈門兄妹の行く末を案じ、 心の中では独白していることから、義勇が表だって発した言葉通りの冷血なだけの人間では決してないということである。 ただ口下手で誤解されやすいだけなのだ。 義勇のわかりづらい優しさは、妹の助命を懇願する炭治郎へ厳しい言葉を向けた後に、竈門兄妹を師である鱗滝へと紹介していたことからもうかがえる。 容姿 全体的に中肉中背でをしており、切れ長の瞳は青色で(ちなみに幼少期や鱗滝のところで修行をしている時はまだハイライトがある)。 背中まで無造作に伸ばした髪を首のあたりで一つに結び、隊服の詰襟の上から右半分が無地・左半分が亀甲柄の羽織を着用している。 なお、このような柄は正式には実在せず、伊之助が「半々羽織」と呼びつけていたため、作中世界でもよう。 (後にファンブックにて、 義勇の羽織の左側はのものであり、右側は姉のものであることが判明した) その他 因みに好物は 鮭大根。 これを前にすると、普段は鉄面皮の彼でも笑顔になる、らしい。 実際に外伝(詳細は下記)のラスト辺りで、鮭大根を前にした義勇が笑顔になるらしい描写(義勇を中心に 光が溢れるようなもの。 余程嬉しかった模様)があったが後ろ向きだっためこちらからは確認できず、それを目にしたしのぶと鮭大根を出した店主は ドン引きしていた。 苦手なものは動物全般で、特に犬が無理(昔、尻を噛まれたため)。 その時、義勇はありのまま「鬼が姉を殺した」と言ってしまったことで姉を亡くして心を病んだと思われてしまい、遠方の親戚の医者の元へ連れて行かれる事となったが、途中で逃げ出し遭難。 その後は鱗滝の知り合いの猟師に拾われたことで鬼殺隊を目指すこととなったが…… 「俺は水柱じゃない」 刀匠の里における戦いにおいて、禰豆子が太陽を克服したことにより、彼女を狙って鬼殺隊に総力戦を仕掛けるべく鬼たちが身を潜めたことを機に、鬼殺隊でも隊士たちの力を底上げするべく、下の階級の者たちが柱を順番に巡って稽古をつける 「柱稽古」を開始する。 しかし、義勇は長らくこれを拒否しており、心配した産屋敷の頼みで炭治郎は義勇に事情を訪ねるが、彼は炭治郎が水以外の呼吸を追求し始めたことに言及し「 水柱が不在の今 一刻も早く誰かが水柱にならなければならなかった」と言い、上記の通り 自分が柱である事を否定し理由を頑なに答えようとしない。 それでも産屋敷に言われた通り、根気強く 四六時中彼に付き纏って話しかけまくる炭治郎。 そして4日後ついに根負けした義勇は事情を語り始める。 「俺はを突破してない」 鱗滝の元で修行に明け暮れていた炭治郎が出会った少年剣士・は、義勇と同じ時期に鱗滝に入門した同期であり、共に鬼によって家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に引き取られる。 同い年であった二人はやがて無二の親友となり、最終選別を通過するために稽古に励んだ。 共に最終選別を受ける義勇と錆兎だったが、錆兎は鱗滝の門弟を執拗に狙うと戦って、命を落としてしまう。 その年の選別で死んだのは錆兎一人だけであり、彼は選別の会場である藤襲山に放たれた鬼たちを 殆ど一人で倒し、他の受験者たちを 助けながら戦っていたという。 手鬼との戦いで彼の刀が折れたのは、多くの鬼を斬り伏せたことで 刀が摩耗していたためとされる。 義勇は、最初に襲いかかって来た鬼によって負傷したところを錆兎に救われた後、別の受験者に預けられ、気がついた時には最終選別は終わっており、親友だった錆兎がもはや帰らぬ身となったことを告げられる。 このことから彼は、「何もしていない自分が最終選別に合格し鬼殺隊に入隊できたこと」に対して強烈な後ろめたさを抱えており、自分は他の柱たちとは対等な立場ではない、それどころか 本当なら鬼殺隊に自分の居場所は無いとさえ考えていた。 彼が多くの場面で単独行動を取り、他の柱たちと距離を置きたがるのはこうした経緯が要因であるとされ、義勇の羽織の半分が姉の形見であるのは 「家族の死」、もう半分が錆兎の形見であるのは 「友の死」、これらの過去からくる悔やんでも悔やみきれない不甲斐なさ、無力だった自分を忘れないための自戒のしるしと思われる。 これを聞かされた炭治郎は、かつてによってであるから守られた自分を重ね、本人は認めていないが錆兎を亡くした後に柱になるまでに彼が血反吐を吐くような努力を重ねて自分を叩き上げてきたことを察し、彼に一つ問いかける。 「義勇さんは錆兎から託されたものを 繋いでいかないんですか?」 「自分が死ねば良かったなんて 二度と言うなよ もし言ったらお前とはそこまでだ 友達をやめる」 「翌日に祝言を挙げるはずだったお前の姉も そんなことは承知の上で鬼からお前を隠して守っているんだ 他の誰でもないお前が…お前の姉を冒涜するな」 「お前は絶対死ぬんじゃない 姉が命をかけて繋いでくれた命を 託された未来を」 「お前も繋ぐんだ 義勇」 炭治郎の言葉に、義勇は悲しみ故に心の奥に封じ込めていた記憶を思い出す。 鬼から自分を守って死んだ姉の蔦子や、親友の錆兎から託された想いを受け継ぐ決意を固めた義勇は、遂に柱稽古への参加を表明する。 その後、勘違いした炭治郎の提案でなぜか ざる蕎麦の早食い勝負することになり、その後からちょくちょくと 実弥と和解するためにおはぎを懐に入れていこうとするような、天然ボケが入るようになる。 ただし、これは炭治郎の影響というよりは、今まで他人に積極的に関わろうとしなかった為に表に出てこなかった義勇の ちょっとズレた気遣いや気の回し方が、人と接しようとした結果浮き彫りになったものと思われる。 能力 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 壱ノ型 ~ 拾ノ型 詳細はの項を参照。 左近次爺が教え子の剣士に伝え、継承させる技。 ただし、一般隊士である炭治郎と柱である義勇では、同じ技でも鋭さと疾さが桁違いであり、全てが必殺の威力を誇る。 その斬れ味は、が傷一つ負わせることが出来なかった大鬼の体を豆腐の如くいとも簡単に斬り裂き、『格が違いすぎて天地ほど差がある』と言わしめた程。 拾壱ノ型 凪(なぎ) 3巻にて設定が明かされた。 担当教科は体育。 スパルタすぎてPTAから苦情が出ている。 教育委員会が動くかもしれないと言われていて、少しやばいとの事。 番外編の四コマでは「髪を黒く染めないから」という理由で、に 強烈なビンタを喰らわせている。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では 昼休みに1人で非常階段に座り昼食を摂っているという、本編同様の ぼっち振りを披露していた(炭治郎からそれについて指摘された時は、 「俺はボッチじゃない」と否定している)。 それでもバレンタインのチョコ獲得数は 31個を誇っている辺り、やはり 美形は得という事か。 ~パラダイス・ロスト~」では、文化祭で「」が大規模な集団中毒を引き起こす中、ただ1人 感動して涙を流しながら聴き入っていた。 アニメのミニコーナーにおけるキメツ学園では善逸のみならず、堂々と校則違反を行う炭治郎(ピアス)・伊之助(制服シャツ未着用)にも目を付けている。 名・迷台詞 誤解を生みやすい性格ゆえか、名言よりも迷言の数の方が多い…かもしれない。 名台詞• 「」 第一話にて、主人公のが鬼となったの命を狙う冨岡に土下座して彼女の命乞いをする際、彼らに冨岡が言い放った台詞。 (実際の台詞はかなり長いので、リンク先を参照。 ) 弱者には選択権がないし、鬼も俺も炭治郎の意思を尊重しないという内容の言葉を続けた。 一方で、その後に泣かずに怒れ、その怒りが原動力になる、という内容のことを心の中で言っていることから、炭治郎を元気づける、勇気づけるための言葉だったことがわかる。 「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」 「」編にて、炭治郎に放った台詞。 無事に鬼殺隊士になった炭治郎だが、入隊したての未熟故にとの対決にて万策尽きて瀕死状態になっており、そんな彼が自分がくるまで生き残ったことに対しての賛辞である。 実際この台詞通り、彼は己が開発した水の呼吸の型「凪」であっさりと下弦の伍を仕留めた。 迷台詞• 「俺は頭にきてる 猛烈に背中が痛いからだ よくも遠くまで飛ばしてくれたな」 これまでに無い強敵を前にして放たれた言葉。 義勇が 国語教師には成れないであろう事実を、端的に表している。 「殿も退室されたので失礼する」が始まったばかりなのに 勝手に帰ろうとする義勇。 即座に実弥から「おい待てェ失礼するんじゃねェ」と突っ込まれた。 「政府非公認の組織です」 『』より、「何者だ?」と問われて。 「私はです」と言っているに等しいため、当然ながら直後にお縄となった。 イケメンであっても、どうにもならない状況もある現実を、『』で広く世間に知らしめた台詞である。 (この後、たまたま同じ村に休日を利用して薬の材料を買いに来ていたしのぶがこの現場を目撃したため、義勇と村人達との間を取り持ってなんとか誤解を解いた。 「」 概要でも取り上げた台詞。 詳細はリンク先を参照。 「」 同じくリンク先を参照。 ネタバレA 無限城内部での対「上弦の鬼」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無限城での決戦時では、近くにいた事で同じ場所に落とされた炭治郎と共に雑魚鬼を蹴散らして進む最中、突如として現れた""との対決に臨む。 この戦闘中に久々に極限状態になったことで(既にが発現している者を除けば)、初めて痣が発現した隊員になった。 因みに義勇の流水のような痣は 左頬に発現している。 これはきっと。 無惨を倒すのと引き換えに炭治郎が命を落とした(と思われた)時には、涙を流しながら 「すまない」と謝っている。 しかし、その後のにて、唯一その場にいた動ける柱として満身創痍ではあるが事態の対処にあたる。 ネタバレC 無惨によって鬼にされた炭治郎が人間へと戻り、には。 また、柱の中では不死川実弥と並んで 最終決戦を生き延びた柱である(元柱だという事を除けば、も一応生き残っている)。 外伝 の放送開始に合わせ、2019年4月1日に発売された18号において、作画を平野稜二先生が担当し、義勇を主人公としたスピンオフ作品『 』が掲載された。 公式コラボ先での活躍 モンスト鬼滅の刃コラボ 2020年2月14日から始まったでのコラボイベントでは、コラボ専用ガチャからの排出キャラとして登場。 味方が当たってきたときに発動する攻撃、友情コンボはかなり使い勝手がよくこれだけでも当たりキャラといえる性能だったが、極めつけは彼の持つ チート級のストライクショット(必殺技)。 水の呼吸 拾壱ノ型 凪で 敵の攻撃を完全に無力化する。 例えそれがHPを一瞬にして吹き飛ばす即死級攻撃であったとしてもダメージをゼロにするのだ。 この代用の利かない性質に加えて素のステータスも高いことから 鬼滅の刃コラボガチャの中で最も当たりのキャラと言われることも。 モンストの 最高難易度クエスト、の一角、で大活躍したことも一因だろう(というか、最高レアで登場した炭治郎としのぶはまだしも、レアリティが落ちる善逸と伊之助すらも メッチャ強いが……)。 また、モンストはコラボイベントの際に原作の必殺技などを忠実に再現することに定評があるのだが、それは義勇も例外ではなく、前述の「凪」も、 アニメ版での演出を忠実に再現したものとなっていた(の3:43頃から)。 白猫プロジェクト鬼滅の刃コラボ 2020年4月29日から始まったでの鬼滅コラボイベントでもプレイアブルキャラとして登場。 コラボガチャで入手可能であった。 当初は炭治郎たちに一歩譲る性能であり、イベント中、炭治郎たち3人を合わせたより強いとのセリフがあるにも関わらず物足りないものがあったが5月1日に修正され、後述の凪使用中は一切ダメージを受けないなど大幅に強化され、柱にふさわしい性能になっている。 反面、白猫内でも「俺は嫌われてない」と言ったり、ネタキャラ的な要素があったりもする。 アクションスキルとして水の呼吸のうち、肆ノ型 打ち潮と拾壱ノ型 凪を使用可能。 前者は敵をすり抜けてダメージを与え、かつバリアを張ったりHPを自動回復する。 後者は敵攻撃を通常は回避できないデンジャラスアタックも含め使用中一切受けない、かつスキル解除時に大ダメージを与える。 更に即死回避などのオートスキルをもち、鬼滅コラボのみならず白猫全体でもかなりの当たりキャラとなっている。 原案作品主人公 『鬼滅の刃』の原型ともなった読み切り漫画にして、先生のデビュー作『 』の主人公ナガレは、義勇によく似た雰囲気をしており(特に義勇の初登場時)、彼の原型だったのではないかという声がある。 第1回人気投票結果 紙面において行われた第1回人気投票では 4位に輝いており、他のベスト5のメンバーが竈門炭治郎、我妻善逸、竈門禰豆子、嘴平伊之助といずれもレギュラーキャラであることを考えると彼らの中に食い込めたのは快挙であるといえよう。 作中ではともかく 読者からは嫌われていないことが証明されたのである。 ()… 「無口・無表情」「重度の口下手」「周りに誤解されている」など共通点が多く。 ()… 「主人公に最初に出会い導く者という立場」「防御重視の剣術の使い手」「青い剣」「組織の最高位メンバーの1人」であるなど共通点が多いが、(を除いて) 嫌われてはいないしコミニュケーションもちゃんと取れる立派な大人。 ただしの育成はやや苦手。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 18:42:44• 2020-07-17 18:42:41• 2020-07-17 18:41:03• 2020-07-17 18:38:59• 2020-07-17 18:37:40 新しく作成された記事• 2020-07-17 18:37:00• 2020-07-17 17:45:32• 2020-07-17 17:54:13• 2020-07-17 17:52:52• 2020-07-17 17:55:42•

次の