有機 el テレビ 寿命。 有機ELテレビの寿命って何年?

有機ELテレビのおすすめ6選【2020年版】

有機 el テレビ 寿命

有機ELテレビは 「電圧をかけると発光する性質の持った材料をディスプレイに使ったテレビ」です。 この発行する材料には 「ジアミン」、「アントラセン」という有機物が使われているので、「有機EL」という名前がついています。 また、 有機ELテレビは画面が美しく色彩鮮やかで、液晶テレビに比べ薄くてコンパクトになります。 バックライトで液晶を光らせる液晶テレビとは違い、有機ELテレビは発光材料そのものが光る事で黒色の表現に優れています。 色彩域が広く、無限大に近いコントラスト、視野角も広く、動画応答速度も優れていて残像も出ない。 上記の理由から世界で一番販売台数が多いスマートフォン 「GALAXY」のハイエンド機種には常に有機ELディスプレイが採用されています。 有機ELテレビのメリット・デメリット• 価格帯• 画質の鮮明さ• 画面の薄さ• 視野角の広さ• 寿命の長さ• サイズバリエーション• 消費電力の大きさ 気になる有機ELテレビの価格帯は 東芝が発売予定の「X910シリーズ」は予想実売価格が65型で97万円前後、55型で75万円前後となっています。 ソニーの「BURAVIA」とパナソニックの「TX-65EZ1000」はまだ価格を公表していないが、メイン部品の調達先が同じである為、同じような価格になると思われます。 売れ筋の液晶テレビは45~49インチでその価格帯が10万円~15万円だという事を考えると数年は有機ELテレビを購入するのは一部の顧客になりそうです。 有機ELテレビは画質が圧倒的にきれい! 液晶テレビに比べ、色彩域が広く、無限大に近いコントラスト、そして液晶テレビでは不可能だった本当の黒色の表現。 好きな映画をもう一度有機ELテレビで観ると、その作品が表現したかったものや、その作品の世界をより感じる事が出来ると思います。 応答速度が液晶テレビの1000倍なので、動きの激しいスポーツ観戦もよりリアルに、オンラインゲームもよりストレスなくプレイ出来ます。 画面が薄くて、コンパクト! 液晶テレビの薄型と言われるモデルで 平均8cm程度あります。 そして現在発売されている有機ELテレビの最薄部でわずか 4. 6mmという薄さです。 iPhone6sでも7. 1mmありますので、スマホよりも薄いです。 これだけ薄いので重量も軽く、65インチの有機ELテレビは 7. 7Kgと同サイズの液晶テレビは 20Kg以上と比べ驚くほどの軽さです。 圧倒的な視野角の広さ 液晶テレビは正面から左右にずれると色合いが変化して見え、正面以外の角度で画面を見ると非常に見にくきうなります。 有機ELテレビは視野角が180度なので、画面が見えればどの角度から見ても色彩の変化が起きず、作業をしながらテレビを見たり、大勢で観る場合に快適に観る事が出来ます。 液晶テレビと比べると寿命が短い 液晶テレビの寿命が約6万時間といわれ、 有機ELテレビは3万時間と半分ほどの寿命になります。 ただ 3万時間でも一日5時間視聴で16年間もちますので、一般家庭での使用ならば、あまり気にする必要はないのかもしれません。 自分にあったサイズが選べないかも 2017年に国内メーカーから発売が予想されている有機ELテレビは 最低55インチです。 そんなに大きいのは邪魔だからもう少し小さいサイズが欲しいという方もいるでしょうが、売れ筋の45~49インチが発売されるのは、まだ少し先になります。 消費電力が大きくて電気代が掛かる 理論上では液晶テレビよりの 一割程度の消費電力になります。 ただ現在発売されている液晶テレビと有機ELテレビの同じサイズのものを比べると、液晶テレビが149Wで有機ELテレビは350Wでの消費電力になっています。 今後国内メーカーから発売される有機ELテレビは少しは改善されているかもしれませんが、理論値に近づくにはまだまだ時間が掛かりそうです。

次の

2020年版有機ELテレビのおすすめ人気14選

有機 el テレビ 寿命

有機ELテレビの寿命について 日進月歩進化をしていくテレビ。 いくらスマホを始めとしたネットが普及したといっても、テレビのない生活など考えられない人も多いのではないでしょうか。 最新型のテレビと言えば、やはり 有機ELテレビ。 最近ではSONYやパナソニックなど国内メーカーも 最上位モデルとして有機ELテレビを出していて競争も激しくなっています。 さて、この有機ELテレビ、 寿命はどれくらいと言われているでしょうか。 予算を計画立てる意味でも、しっかり買い時を計算しておく意味でもやはり知っておきたいですよね。 そこで、ここでは 有機ELテレビの寿命についてまとめてみました。 有機ELテレビの寿命は平均何年? まず本題から!果たして有機ELテレビの寿命はどれくらいと考えられているのでしょうか。 メーカーによる有機ELテレビの寿命は、だいたい 30000時間と言われています。 正直、30000時間と言われても数値が大きすぎてピンと来ないですよね。 そこで、一つシミュレーションをしてみましょう。 日本人の平均テレビ視聴時間は約3時間と言われています。 4(年) ということになりました。 計算上は 23年以上とかなり寿命は長そうです。 しかし、あくまでもこれはパネルの寿命のため、後述するように他の原因で寿命は短くなることもあります。 3(年) となります。 基準としては、各メーカーが出している部品の保証期間が出だいたい 8年なので、8年は少なくとも使いたいと考えた方がよいでしょう。 具体的には日中直射日光などに当たると見にくくなるということですね。 日頃から今までより暗く感じるかもしれませんが、それが夜でも暗くなったと感じる程度だと寿命もしくは故障の可能性があります。 目安としては購入時と比べて、 半減(50%)程度以下くらいになったら疑いましょう。 焼き付きとは、長時間同じ画面を付けていると、その画面がいつまでも残り続けてしまう現象です。 一度や二度ならともかく、一度消しても焼き付きのままなど常態化した場合は寿命である可能性が高くなります。 コードなどには熱がこもらないよう絶縁体をしているのですが、年月は経つと劣化してしまうものなので、 熱を持つ=寿命の可能性があるというわけです。 もちろん火事の危険性もありますし、そのまま放置しておくと煙を出してしまったり、電源が入らなくなることも。 熱くなったら要注意です。 酸素に関しては、人間が生きていくうえでないわけにはいきませんので仕方ないにせよ、湿度が高い部屋などやはり劣化を早める結果になるでしょう。 他の家電類でも言えることですが、精密機器なので湿気には弱いです。 梅雨時期など湿度の高い時は適度に除湿も行うようにしましょう。 月に1回くらいは通気口からホコリを取り出すように掃除機をかけましょう。 目には見えづらくとも埃は絶対に溜まっていきますからね。 テレビを付けなければ、それだけ寿命は伸びますが、それでは本末転倒ですから、 テレビを観ないときはしっかり消す!という基本的なことをしっかり行いましょう。 ただ、ゲームは一般的なテレビより輝度が高い場合が多いので、テレビが疲れやすいのです。 更に有機ELテレビの弱点とされている焼き付きも、例えば上に表示される「スコア」などずっと同じものが表示されることがゲームだと多いですよね。 これもテレビゲームが寿命を縮めてしまう要因です。 【番外編】テレビの規格変更 2012年の地デジ放送への移行時にテレビを買い替えしたという人も多いのではないでしょうか。 アナログ放送が終了に付き、地デジで観るためには、対応テレビに買い替えるか、別途チューナーが必要になりました。 当面、このようなテレビの規格変更は起きないですが、今4K放送が本格化しています。 もちろん今のテレビでも見られますが、4K放送がより普及すれば、今のテレビでは見づらい放送などができる可能性も。 まだ使えるのに勿体ないのは確かですが、見たいものが見られないのでは意味がないので、買い替えとなる人も少なくないはずです。 さすがに外蓋を開けて掃除とまでは言いませんが、通気口からやコードなど小まめに掃除をすると良いでしょう。 最近では驚くほど吸引力の高い掃除機も出ているので、通気口からの掃除などは高い吸引力のものが効果的でしょう。 より明るくするには、それだけパワーが必要ということになります。 もちろんパワーを使うという事は寿命を縮めることに。 【設定】で明るさを変更できますので、 やや明るさを抑えめに設定するとよいでしょう。 初めは暗くすると見づらく感じるかもしれませんが、2~3日経つと大抵慣れますよ。 具体的には、直射日光はやはり熱がこもるため厳しいので、できるかぎり避ける。 加湿器など水気のものの近くには置かないようにすべきでしょう。 例えば、寝室でもリビングでも観ながらついつい寝てしまうような人は事前にあらかじめ タイマーでオフ時間を決めておく習慣をつけておくと良いでしょう。 有機ELテレビに寿命がきた時は修理した方がいい?買い替えた方がいい? 果たして寿命と感じたとき、 有機ELテレビは修理すべきでしょうか?それとも買い替えるべきでしょうか。 まずは保証期間をチェックしましょう。 今はメーカーの保証期間に加えて、家電量販店が独自の保証サービスで延長している場合があります。 この保証期間であれば間違いなく修理が良いと思います。 また部品の保管期間も発売してから基本8年なので、もう部品がないとなると修理できませんので、ホームページなどでチェックしましょう。 続いて省エネレベルをチェックしましょう。 有機ELテレビはまだまだ発展途上のテレビです。 今の技術革新は進んでいて、有機パネルの寿命も30000時間と言いましたが、日本の大日本印刷が 100000時間寿命がある有機パネルを開発するなど進化を続けているのです。 まだまだ消費電力が他のテレビに比べて高い有機ELテレビですが、数年後は驚くほど 省エネが進んでいるかもしれません。 下手すれば修理代より、買い替えて日々の電気代を抑えた方がお得になる場合も。 どれくらい 消費電力が異なるかもチェック項目です。 寿命が来た!有機ELテレビのおすすめの買い時は? 決して安い買い物ではないテレビ。 リビングに置くような大型テレビでは尚更です。 寿命が近づいていると思っても、なかなか買い替えタイミングが分からないもの。 つまり共通して言えることは単純に見えづらくなったときです。 ストレス溜めてテレビを観ても意味ないですから、見づらいと感じたら寿命と諦めて買い替えしましょう。 部屋のレイアウトでも一番と言ってよいほど存在感があります。 例えば次回は壁掛けにするなどテレビの置き場所で大きく部屋の雰囲気は変わりますので、スタイリッシュな雰囲気にするにも、トータルで考えらえるよう思い切って、テレビを買い替えて模様替えの主役にしましょう。 そんなどうしても見たいテレビは新品で画質も気鋭で観やすいテレビで!ということで買い替えのタイミングとしては良いのではないでしょうか。 技術の進化は留まることを知らないので、もっと機能が新しくなったらと考えていると、なかなか買い替えに踏み切れないもの。 例えば、最近で言うなら「4Kになった」「3Dが見られる」など欲しい!と思えるような機能が搭載されたら、つまり 買いたいときが買い替えどき!ということになります。 有機ELテレビに寿命がきた時の処分方法は? 最近はゴミもタダでは出せない時代、有機ELテレビの処分方法はどうすればよいのでしょうか? 液晶テレビやプラズマテレビは、 家電リサイクル法が定める「特定家庭用機器」に指定されているため、事前にリサイクル券を購入して、指定の業者に処分を依頼する必要があります。 しかし、まだ有機ELテレビは出始めたばかりということで、この指定家庭用機器になっていないのです。 そのため、普通の 粗大ごみ扱いとなります。 ただ、近い将来取り決めは変わっていくでしょうから各自治体のルールをその際に確認しましょう。 また仮にもう寿命でテレビの電源が付かないような状況でもリサイクル業者などに持ち込めば、使える部品だけを取り出して使うなどして多少なりともお金になる場合もあります。 ゴミとして出してしまう前に、まずは業者に問い合わせしてみましょう。 クルマなどでもそうですが、処分業者によっては金額がまちまちだったりするので、何社かに問い合わせてみるとよいでしょう。 業者によっては引き取りサービスまでやってくれるところもあり、この負担軽減も大きいですからね。 そのため、輝度を抑えても見やすく寿命長く使えるでしょう。 未だに東南アジアなど発展途上国では現役でSONY製ブラウン管テレビが多く愛用されているなど信頼のある技術力もやはりSONYはお墨付きです。 壁掛けに特化した薄型デザインとなっているので、掃除がしやすく埃などがたまらないのは大きなメリットと言えるでしょう。 引用元: まとめ いかがでしたでしょうか?特に有機ELテレビは漆黒の黒を出せると言われているほどブラック系の色合いは凄いです。 そのため、映画など好きな方だとより 映画館に近い迫力ある映像が楽しめると好評なようです。 やはり 買いたい時が買い替えどき!なんだかんだいって生活の中心にテレビがある人は多いのでは!?寿命をしっかり把握して、計画づいて最新の有機ELテレビへ買い替えを検討しましょう。

次の

有機ELテレビを買って半年が経った! メリット・デメリットを液晶テレビと比較! 今買うべきなのか?

有機 el テレビ 寿命

そういうわけで、主要な部品の寿命を考えてみるやよ! CPU・GPU・RAMは非有寿命部品 まずは、CPUやGPUなどのチップ系部品から。 を読むと、CPUやRAMのようなコンポーネント(部品)の故障については初期不良のケースが多く、稼働中の故障は稀とのこと。 つまり、これらは 非有寿命部品と捉えてもよいと解釈できます。 もちろん工業製品に絶対は存在しないので、壊れるときは壊れますが、テレビにおけるチップ系部品の寿命については、事実上ないと思ってもよさそうです。 なので、これらの寿命を気にする必要はナシ。 有機ELの寿命は短い、というのは過去のことになってきてるわけやね。 実利用を考慮すると寿命は長い 毎日24時間ずーっとテレビを点けっぱなしすることなんて、常識的にはありません。 なので、 1日10時間計算とすると、約20年は理論上使えるということになってきます。 もちろん、この10万時間という有機ELパネルの寿命は、サプライヤーであるLGが謳っていること。 中には、有機ELの寿命は5万時間という話もあります。 ただ、どちらにせよ、実利用上から考えると、およそ10年は使えることになるので、 有機EL = 寿命が短い というのは、もはや過去の話かもしれません。 10万時間で故障するわけではない 有機ELの寿命が10万時間という話が出ましたが、時限爆弾のように10万時間になったら突然壊れるわけではありません。 当たり前の話ですが…ね。 つまりは、明るさが半分まで減衰するまで11年ということになります。 なお、使っていると、ゆっくりゆっくり有機ELの輝度が減衰していくので、おそらく普段から使っていると気づかない可能性すらあります。 HDDは約5年が寿命 録画機能が搭載されているテレビの場合、HDDがテレビに内蔵されています。 HDDの寿命は26,000時間〜35,000時間と言われています。 つまり、 約3〜4年。 自作PCをしているユーザーからすれば当然かもしれませんが、意外とHDDの寿命は短かったりするのです。 意外とネックはここになるかも。 テレビデオ…懐かしい! 結論:HDD非搭載ならば寿命は気にする必要ナシ 有機ELテレビを構成する部品の寿命をおさらいすると、• チップ系:気にするレベルの寿命はない(非有寿命部品)• 有機ELパネル:年中フル稼働で約11年• 録画用HDD:約5年 という感じにまとめることができます。 そう、 録画用のHDDが内蔵されていない有機ELテレビならば、寿命のことをわざわざ考えなくてもよいということです。 おそらく、テレビの寿命が迎える前に、技術革新や放送ルールの変更(地デジ化・4K化など)で自然に買い替える人が大半だと思います。 逆にいえば、HDD内蔵のテレビの寿命についてはシビアになったほうがよい、ということかもしれません。 もちろん、このタイプのテレビを否定するつもりはなく、シビアに寿命を気にしたらという話。 工業製品なので、理論上の寿命なんて気にするだけ無意味かもしれませんからね。

次の