雨雲 レーダー 予想 12 時間。 Digital Typhoon: Real

関東甲信 雨雲発達 多い所で100ミリの大雨か

雨雲 レーダー 予想 12 時間

「コンビニに買い物に行きたいけど雨雲の動きが気になる。 」とか、「ちょっとだけジョギングに行けたいけど、雨が降らないか空模様が気になるなぁ。 」など、1時間もあれば終わらせることができる用事ながらも、どんよりとした天気を見上げながら、外出するかしないかで迷うこともあると思います。 そんなときに天気予報は便利ですが、市区町村単位での予報よりも、もっと細かく詳細に自分の行動範囲に絞ったピンポイントな雨雲の動きを知ることができれば、先のような迷いも少しは払拭できるのではないでしょうか。 僕はジョギングしたりウォーキングすることを日課にしていて、準備から帰宅までの流れを短いときで大体1時間以内で終わらせるようにし、そのタイミングで雲行きが怪しいと感じるときは、直近1時間の雨雲の動きを予測できるYahoo! JAPANの「雨雲レーダー」にアクセスして、走るコースの上空を移動する雨雲の動きを調べることがあります。 普通の外出であれば傘を差すことができますが、さすがに走りながら傘を差すわけにはいかないですからね。 「判断に迷って出かけずじまいで、雨は結局降らなかった…」てことになると、何だか損をした気分になるので、雨雲レーダーを確認して問題なさそうであれば、そのまま走りに行ってしまうことが多いです。 当エントリーでは1時間後の天気が知ることができる、Yahoo! JAPANの雨雲レーダーをご紹介してみたいと思います。 PCで確認する方法 雨雲レーダーにアクセスする ここではパソコンを使って雨雲レーダーを使う方法をご紹介します。 まずは雨雲レーダーにアクセスします。 サイト (Yahoo! JAPAN) ディズニーリゾートを例に使い方を解説 雨雲レーダーの基本的な使い方をご案内します。 この例では、東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)の上空を通過する雨雲の動きを確認してみたいと思います。 画像は、10月13日19時10分現在の雨雲レーダーの様子です。 雨雲レーダーにアクセスしたタイミングで、そのときの時刻に近い雨雲レーダーがまずは表示されます。 地図を見ると、東京ディズニーリゾートの南西直ぐ側に雨雲が近づいてきているのが分かります。 この雨雲がこの先1時間でどういった動きをするのかを追ってみたいと思います。 まずは、雨雲レーダーに表示される地図の上でマウスの左ボタンをクリックした状態のままマウスを動かして(ドラッグ・アンド・ドロップ)、天気を確認したいエリアを画面に表示させます。 続いて、「拡大」ボタンを押して地図を拡大させてみましょう。 拡大するほどその場所の天気をピンポイントで調べることができます。 拡大しすぎて迷子になってしまったら、「縮小」ボタンを押すと広範囲域で地図を見渡すことができます。 先に挙げたドラッグ・アンド・ドロップ操作と組み合わせて調整しながら、調べたい場所の拡大した地図を画面の中央付近に表示させてみてください。 準備ができたら「再生」ボタンを押します。 するとこの先1時間以内の雨雲の動きが、アニメーションのように5分刻みで表示されます。 雨雲レーダーが機能するのは、日本国内のみに限られます。 「再生」ボタンを押して雨雲の動きを確認する 再生ボタンを押すと雨雲レーダーのアニメーションが始まりました。 ここから表示される雨雲の動きはあくまでも予想です。 19時15分の天気では、ひとつ前の5分前よりも東京ディズニーリゾートに雨雲が近づいていることが分かります。 雨雲の動きを確認中:1 19時40分の予想です。 雨雲には色が付いていますが、色が濃くなるほど降水量が多いことを表しています。 降水量は画面右端の図と照らし合わせることで確認することができ、水色は小雨程度であることが確認できます。 すぐ西側には葛西臨海公園がありますが、近所にも関わらずこちらは晴れているのが興味深いですね。 このピンポイント加減が雨雲レーダーの魅力です。 雨雲の動きを確認中:2 20時05分の予想です。 1時間後の天気 20時10分の予想です。 結果的に分かったことは、1時間前に南西にあった雨雲が、東京ディズニーリゾートの上空をほぼ1時間かけて通過したということです。 ディズニーランドやディズニシーでは、花火やパレードといったショーが屋外で行われるので、該当する時間帯に雨が降らないか、雨雲レーダーを使うことで「予想」という形であらかじめ知ることができます。 雨だけを判断材料にすることはできませんが、降水量が多ければ中止になるかもしれないと予想がつくし、雨天決行しそうな程度の雨であれば、屋根のあるスペースを先行して確保することもできるでしょう。 これが雨雲レーダーの基本的な使い方になります。 1度使ってみれば要領を掴むことができるはずです。 また、紹介はしていませんが、下部にある各種インターフェースを操作することで、アニメーションの再生速度を早めたり一時停止したり、手動で再生したり巻き戻ししたりすることもできます。 是非使いこなしてみて下さい。 Yahoo! 天気アプリ(スマホ)で確認する方法 雨雲レーダーはスマートフォンでも使用することができます。 スマートフォンのブラウザから直接アクセスしても大丈夫ですが、「 Yahoo! (ブラウザでも使い方は一緒です) ダウンロードしていない方は、添付したリンク先よりダウンロードページにアクセスできます。 サイト (App Store) サイト (Google Play) Yahoo! 天気アプリを使うには、「Yahoo! JAPAN ID」(アカウント)が必要になります。 もしアカウントをお持ちでなければ、ブラウザ版の雨雲レーダーを使ってみて下さい。 ブラウザ版はアカウント無しで使うことができます。 アクセス方法は、先に解説したで添付したURLと同じです。 アプリから「雨雲レーダー」を起動する方法 Yahoo! 天気アプリを起動したら、画面上部にある「雨雲」をタップします。 使い方 基本的な使い方は、先に解説したパソコン版の雨雲レーダーと同じになりますが、操作についてはスマートフォンならではのタップ操作が必要になります。 地図上で指をスワイプ(なぞらせる)すると地図をスクロールでき、指を2本使ってピンチインやチピンチアウト動作をすると拡大縮小することができます。 拡大縮小については画面右下にあるボタンをタップすることでも活用することができます。 雨雲の動きを確認したい場所を表示できたら、下部にある「再生」ボタンをタップしてみて下さい。 アニメーションで雨雲の動きを予想することができます。 アプリ版の特徴 Yahoo! 天気アプリ版のみの特徴として、6時間先の雨雲予想と、雷雲の動きを予想することができます。 これは記事執筆時点でパソコン版やスマートフォンブラウザ版には実装されていない機能です。 今は誰もがスマートフォンを持つ時代なので、外出先で6時間先の天気を予想できるのはとても便利だし、その他、天気に関する様々な機能が付いているので、Yahoo! 天気アプリはインストールしておいて損はないアプリだと思います。

次の

雨雲レーダー(GPV Weather)

雨雲 レーダー 予想 12 時間

皆さんこんにちは! 最近、雨が多いですよね。 東京都心では17日連続で雨だそうです。 アップデイトでは、3月から在宅勤務を始めて現在も継続中なので天気はあまり関係ないと思いきや5人家族の我が家は洗濯物が山のように溜まって頭を抱えています。 それに、子供3人とも野球チームに入っていて、私も少年野球のコーチをしているので土日祝日、朝から夕方までずっと外。 練習中も雨が降るのかどうかを小まめにチェックをしながら練習メニューを考えていたりします。 そんな時使えるのが 「雨雲レーダー」。 数時間後の雨雲の予想から雨がどれ位降るかを視覚的に見ることが出来るので非常に便利。 そんな便利な雨雲レーダーですが、先日テレビCMでもおなじみの超有名アプリ「smartnews」に雨雲レーダーの機能が搭載されました! 「SmartNews」メジャー・アップデートリリース!「もっと使い方が広がる」新機能が続々登場!!〜ピンポイントで降雨予測する「雨雲レーダー」など、あなたの毎日をサポート〜 視覚的に非常に見やすくて、マップ上の任意場所を指定すると、その場所でいつ雨が降り始めるのか、いつ雨が止むのかをピンポイントで予報してくれます。 また、アプリの画面下部のナビゲーションバーに天気が追加され、そこから雨雲レーダーへ簡単に移動できるのでスムーズに雨雲レーダーにたどり着けるのです。 この機能が実装されてからsmartnewsを見る回数が増えて、雨雲レーダーを確認した流れでニュースを見るようになりました。 雨雲レーダーというコンテンツ自体は珍しいコンテンツではないですが、それをどのように見せる事でユーザーがストレス無く見れて、定常的に使ってもらえるかを、考えて、考え抜いたんだと思います。 情報が溢れかえっている今の状況だからこそ、ユーザーが求める数歩先を行くサービスというのが支持されて使われていくんだなと改めて感じました。 まとまりのない話になりましたが、何が言いたいかと言うと・・・ あーした天気になーれ!! またねー!•

次の

外れない?雨雲レーダー予想12時間のデータの制度はどんなもの?

雨雲 レーダー 予想 12 時間

会社でみんなの携帯が、一斉に警告音が鳴ったり、ブルブルって震えたという経験ないですか? 「局地的豪雨が今から降りそうです」っていうメッセージが画面にあらわられているときです。 そのメッセージ後に、ザアザアっと土砂降りの雨が降り出してきて、それが 00 帰宅時間にぶつかると、 会社から出られなくなって困ったなんてことないですか? そんなとき、雨雲レーダーを起動してちょっと先の雨雲の行方をチェックしたら、とても助かりますよね。 いまや毎日の生活に欠かせない、といっても過言ではない雨雲レーダーのしくみについて調べてみましょう! 雨雲レーダーとは気象レーダーによる観測を元に予報をしています。 大体、 2 時間位の過去から現在までの雨雲の動きと、 1 時間先から大体 6 時間先までの雨雲の行方を 予想した画像を発信しています。 雨量が多いところは赤、少ないところを薄い青色で示す事が多いです。 雨雲を日本列島に乗せて、リアルな描写をしている予報もありますね。 これは好みですが、自分は赤や青の色分けしている画像見やすいなと思っています。 雨雲がかかっている地域が細かくわかるので、自分のいる場所の状況や、今後の雨雲の動きの予報が得られて、自分がどこにいて、どこかに行くときや、子供や友人や家族のいる場所がどういったお天気になるのか確認と予想ができるので、みんなへの安心もあります。 自分は遠方に住んでいる親戚に「もうすぐ豪雨くるよ」など連絡をして安否を確認しあっています。 さて、雨雲レーダーですが、どのように雨雲の位置と降水量がわかるかというと、「レーダー」とあるように、レーダーが関係しています。 気象レーダーは札幌から石垣島まで 20 カ所に設置されています。 日本は山地が多いため、レーダーの設置場所によっては、各レーダーが観測可能な範囲が地形の影響を受けるそうです。 なので、国土ほぼ全域をカバーするようにレーダーを設置されています。 そのレーダーがどんな働きをするかというと、パラボナアンテナみたいなアンテナが、回転しながらマイクロ波を発射します。 それは、半径数百キロの範囲内に存在する雨や雪を観測しています。 発射した電波が戻ってくるまでの時間から、雨や雪までの距離を測り、戻ってきたレーダーエコーの強さから雨や雪の強さを観測します。 また、戻ってきた電波の周波数のずれを利用して、雨や雪の動きを観測しています。 観測したデータは降水短時間予報や降水ナウキャストなど、雨雲の予報に作成にも利用されています。 全国にある気象レーダーが雨雲の予報データを収集してたんですね。 警報や注意報も随時発表をして大変便利です。 2 ウェザーニュース 雨雲レーダーは「これまでの動き」「現在の画像」「これからの動き」を選択することができます。 「これからの動き」は 6 時間先までの雨雲の動きの予想が見られます。 日本全国にライブカメラがあってその土地の天気模様がわかります。 お天気ニュースの更新も多く、生活の中のお天気情報が楽しく読めます。 jp 雨雲レーダーだけでなく豪雨レーダーもあり、地震や台風もレーダーで予想を提供しています。 お天気に関わる生活情報は読み応えがあります。 雨雲の予報は、現在から 15 時間先まで 1 時間ごとに見ることが出来ます。 4 気象庁 雨雲の動きのほかに天気図、アメダス、天気予報とカテゴリーが分かれていて、様々な角度から 日本の天気の状況をチェックできます。 過去のデータも十分で、さすが気象庁という貫禄のサイトです。 5 お天気. com 雨具レーダーの他にも衛生雲画像が見られます。 独自の予測システムや最新の観測技術を駆使して、様々シーンに対応した各種気象情報を提供しています。 サイトには、豆知識や過去の天気、お天気豆知識、台風情報なども豊富です いかがでしたか? 雨雲レーダーについて調べてみました。 大本は気象レーダーからのデータ収集を元に、独自の観測データを発表しているサイトやアプリもあるようです。 スマホでさっさと、雨雲の動きをチェックして、外出の予定や、休日予定を立てれば、いろいろスムーズに過ごせそうですね。 自分がぱっと見て、見やすい画面がよいと思うので、いろんなお天気アプリをチェックしてみてくださいね!.

次の