プリテンダー歌詞。 プリテンダーの歌詞

Pretender(プリテンダー )【髭男】PVの女優は誰?ロケ地や歌詞の意味も!|sugarcode

プリテンダー歌詞

誰もが Pretender 街中 Pretender 楽しくやりたい Anyway 声かけちゃ Love you baby! ジラして What are you? あきれるほど ポップなゲームさ ポーズだけの Dreamer あちこち Trouble Maker 楽しく生きたい Anyway ノリだけの Stay with me! つきあいで Only you あふれてるよ Happy Song To You Hold Me Tight せつない想い Now In My Heart 感じてよ All Through The Night やりきれなくて ホントのホントの ホントのことなんて なんにもありゃしない!! 誰もが Pretender 街中 Pretender 楽しくやりたい Anyway 声かけちゃ Love you baby! ジラして What are you? あふれてるよ Happy Song To You Hold Me Tight せつない想い Now In My Heart 感じてよ All Through The Night やりきれなくて ホントのホントの ホントのことなんて なんにもありゃしない!! 誰もが Pretender 街中 Pretender 楽しくやりたい Anyway 声かけちゃ Love you baby! ジラして What are you? あきれるほど PopなGameさ おいでよ Get Together みんなで Bop Together ヨロシクやりたい Anyway 出逢いには How do you do! 別れても Friend with me! あふれてるよ Happy Song To You あふれてるよ Happy Song To You いかれてるよ Happy Song To You.

次の

プリテンダーの歌詞

プリテンダー歌詞

2番 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ 一般的に言うと• 「浮気はだめ」• 「不倫なんてもってのほか」 これが正当的な意見。 そして事実です。 主人公は、何気ない会話の中で、その正当性を第三者に振りかざされたのでしょう。 しかし、君に対する強い想いが沈静するわけではありません。 ダメなことだとは自身でも理解しているから何を言われたとしても 「何ひとつとしてピンとこない」のです。 そのさまは、まるで知らない街の夜景の光みたいで、 綺麗 正当意見 なのは分かっているけど、正体 具体的な解決策 までは分かることはありません。 もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ ここまで解釈を進めると、歌詞のフレーズを見るだけで、主人公の気持ちが痛いほどに伝わってくるのではないでしょうか? いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな ここは叫びたいほどに溢れる腹の内です。 サビ2 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな まさに主人公たちの情景と辻褄の合うサビ2ですね。 敢えて真実から目を逸らし関係を取り持っていること 引き伸ばし や、これ以上関係を続けても終わり エンドライン が来ること。 どうしようもない 虚しい関係性の苦悩が描かれています。 スポンサーリンク ラストサビ 中略 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 おそらくですが、このラストサビでは 既に二人の関係に終止符が打たれています。 ロマンスには、恋愛という意味が含まれますが、これは単なる恋愛を示すものではなく、 伝奇的な要素の強い物語といった含みがあります。 簡単に言うと、 伝統的な恋愛といったところですね。 伝統的な恋愛とは、社会的に当たり前な恋愛を意味し、 ロマンスの定めというのは、 社会的な恋愛の決まりということです。 ロマンスの定めを受け入れている ということは、 不倫関係を終わらせた と解釈ができるのです。 それを意図するように、ラストは「君は綺麗だ」ではなく「とても綺麗だ」になっている。 「君は綺麗だ」は耳元で囁くくらい近くの距離で訴えていたように感じさせるが、 「とても綺麗だ」は、遠くから叫んでいるように感じさせる。 つまり、やはり二人の関係は終わったのでしょう。 感想 いかがでしょうか。 もしも聞き流しで解釈していた私のように、王道ラブソングだと解釈していた方は、楽曲の価値観がかなり変わったのではないでしょうか。 改めて言いますが、本記事はおちろん本楽曲は不倫を助長するものではありません。 しかし、 世間から反感をかうことを理解してもなお、追い求めてしまう愛情。 これは「愛」としては本物なのではと考えさせられました。 誰も傷つく人が出ないように誰もが 出会える世界線 選べたらいいのに なんて思っちゃいました。 で、今更ここを発見(笑) 一周回って切ない(自己完結の)失恋ソングと感じてます。 クズ男とかの解釈も多いけど、こう見てみると少しでも経験ある人なら改めて泣けるストーリーかも。 暇だったら読んでみてくださいね。 不倫を軽く見て始めたラブストーリー。 やっぱり彼女の「家庭」の存在は大きくて、なんとなく思ってたように結局一人芝居で、家庭の存在がある限り、僕はただの観客みたいに疎外感を感じて。 彼女に無意識に染みついた家庭での「ごめんなさい」は感情がないセリフで。 それも悪くないかなって無理矢理呑み込んで。 でもその違和感も無視できなくなって、やっぱり「好き」だけの勢いで進んだ無謀な恋愛は続かないんだって改めて知った。 もし彼女がフリーで他の恋人同士みたいに出会ってたら。 それが叶わなくても、ダメなのかもしれないけど周りなんか気にしないで僕が気持ちをそのまま伝えれたら、「ロマンス」が出来たらいいのに。 まぁ無駄な願いってわかってる。 (なので力を込めて、自分の未練に、良い方向に向かってと込めて)グッッぶァイ! 運命の人はもう決まってるって知ってる。 それを覆して自分がそうなりたいという勇気はない。 こんなに好きなのに。 髪に触れることだけでも、二人は繋がってるって感じて、その先に期待してしまって・・いやいや甘いや。 じゃぁ僕にとって君はなんだろう。 出会わなくて良かった人なの?じゃぁなぜ出会って恋に落ちた? そんなのの答え知りたくもない・・通りすがりのモブってわかってるけど。 君と繋いだ手のままで続く物語は、たとえその運命に抗って動こうとも消えないズキズキとした痛みの未来しか見えなくて(泣)・・・君は最後には家庭を選ぶこともわかってる。 (やっぱりそうよねー。 お互い良い方向を向こうねの)グッバイ そうなるとやっぱり、僕にとって君はなんだったんだろ(ry でも、わかってることもある。 旦那さんは愛を語ってくれないかもしれないけど、もう好きだ愛してるって言わないかもしれないけど、君は今もとっても綺麗です! 男女の「ロマンス」ってやっぱりこうなるよね。 そういう無謀な冒険でも自分も大人になったから、、悪くないかな。 当方、ダブり不倫中の女です 恥ずかしながら アーティストも曲も、最近知りました 歌詞を改めて吟味すると、 涙があふれました 切なすぎます ただ、最後の解釈は 私は2人の関係性は終わったとは捉えられません 葛藤しながらも、真実には目を瞑り、君は綺麗だと言いながら、エンドラインに向かって、愛を囁き続け合うのです。 不倫は確かに、この筆者の表現するところでいう反社会的な関係だが、 古今東西そんな話は枚挙にいとまがない 人間の普遍的な部分だろうか、 生物としての自分 社会的としての自分 本音であったり建前であったり いくつもの顔を持っている だがその「好き」に何の偽りもないし 世界線が違っていたらと、運命を憎むこともある。 続けるも、別れるも、地獄 まさに四面楚歌、だからその場からは一歩も動けない 「君は綺麗だ」.

次の

「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

プリテンダー歌詞

帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。 また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。 詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。 発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。 デヴィッド・リンドレーやリトル・フィートのメンバーであるローウェル・ジョージとビル・ペイン等、プロフェッショナルなバックミュージシャンを総動員してサウンドの強化が図られた瑞々しい魅力に満ちた通算4枚目。 (1976年作品) 【プロフィール】 1948年10月9日、西ドイツ、ヘイデルベルグ生まれ。 51年にロサンゼルス、67年にニューヨークへ移住。 その後再び西海岸に戻り、リンダ・ロンシュタットやバーズに自作曲を提供して注目を集めた。 72年にアルバム『ジャクソン・ブラウン・ファースト』でソロ・デビュー。 グレン・フライと共作したイーグルスの大ヒット曲「テイク・イット・イージー」や、自身の作品をコンスタントに発表、西海岸を代表するシンガー・ソングライターとなった。 76年には妻のフィリスが自殺するという悲劇に見舞われるが、その悲しみを乗り越えて、傑作『プリテンダー』をリリースし、全米でプラチナ・セールスを記録。 80年代以降も真摯なスタンスによる作品をコンスタントに発表、アメリカを代表するシンガー・ソングライターとして活動している。 Product Description Japanese pressing has been remastered and features 8 tracks. Asylum. 2005. 70年代ジャクソン・ブラウンのアルバムは名作ばかりだが、本作も例外ではない。 これら名作群は何れもラストの曲が大曲で、本当にどれもこれもロック史に残るものばかりであるが、本作の「プリテンダー」の場合は、メロディーもさることながら歌詞が実に素晴しい。 誰もが聞きほれる韻の踏み方は実に美しい。 そして、プリテンダーとしてしか生きていけない私のような人間(多くの人がそうではないだろうか)の胸に突き刺さる、しかしそれでも生きていかなければならない者に希望を示してくれる歌詞の一言一句は熟読玩味するに値する。 素晴しい曲は「プリテンダー」だけではない。 収録されている曲はどれも優れているが、1曲あげるとすれば、メキシカン・フレーバーの「リンダ・パロマ」だろうか。 ハープの音色がとても美しい。 (リンダ・ロンシュタットに捧げた賛歌だと私は思いたい。 )アルバムのカバー写真も秀逸で、今日1日も大都市の名もなき一人として生きていこうという勇気を与えてくれるもののように私には感じられる。 結論として本作も70年代West coast rockを語る上で欠かすことのできない傑作。 是非貴方のコレクションに加えることをお薦めします。 Jackson Brownが1976年にリリースした4thアルバム。 本作品製作中に妻のフィリスが自殺すると言うショッキングな事件が発生しその影響が本アルバムに色濃く反映されています。 楽曲『Your Bright Baby Blues』『Sleep's Dark And Silent Gate』は愛する人の事を想って作られた歌で、『The Only Child』は自分の息子に向けて『Daddy's Tune』は自分の父親に向けてのメッセージソングでそれぞれ家族愛をテーマにしています。 そして最後の表題曲『Pretender』はJackson Brownのキャリアの中で1,2位を争う素晴らしい作品だと思います。 この様に重苦しいテーマを題材にした楽曲が多いのですがメロディーラインはそれ程暗くなく適度な明るさでその辺りがJackson Brownの曲作りにおける素晴らしいテクニックだと思っています。 それからそんな中でも異色な清涼剤的役割を果たし、歌姫の事を歌った楽曲が『Linda Paloma』で少し心が和みます。 そして本アルバムには豪華なミュージシャン達が多数参加しています。 Bonnie Raitt、J. Souther、Don Henley、David Crosby、Graham Nash、Jeff Pocaro等です。 1970年代当時ウエスト・コーストのミュージシャン達は結束が固くお互い協力し合ってアルバム作りを進めています。 他の地域ではあまり見られない光景ですね。 「Linda Paloma」のレゲエ・ポップなテイスト、「Daddy's Tune」のR&B(ソウル)なテイストのナンバーのほかは、全体的にはいわゆる「ウエスト・コースト・サウンド」(カントリー・ポップ、ロック、バラード)の印象が強い。 これは活動を同じくした、70年代後半のイーグルスの活躍と無関係ではないだろう。 「Your Bright Baby Blues」、「Here Come Those Tears Again」などのポップなサウンドはこの頃のイーグルス・サウンドを彷彿とさせるものがある。 タイトル・ナンバーの「The Pretender」はシングル・カットされているが、商業的にはそれほど高い評価ではなかったようである。 8ビートのリズムに乗りながらもバラード・テイストのあるナンバーだが、無難に纏めすぎたような印象も受ける。 個人的は「The Fuse」のような、ロック・テイスト(変化)のあるナンバーがもう少し欲しいように思う。 76年発表、ジャクソン・ブラウンの傑作4thアルバム『プリテンダー』。 哀愁漂う前作とは異なり、全体的に暗めのトーンですが、前作に勝るとも劣らない完成度の高さを誇ります。 曲調同様に切ない歌詞と、ジャクソンが一人、街を歩く寂しげなジャケットも印象的です。 重く暗めの曲「ヒューズ」で本作は幕を開けます。 親の視点に立った「我が子よ」から、若き日に父に対して素直になれなかった思いを歌った「父の歌」への流れもとても心に響きます。 そして、名曲の並ぶ本作中でも特にメロディが美しい「暗涙」、日々矛盾を感じつつも自分を偽りながら、この社会で生き続けるという前向きとも後ろ向きとも取れる歌詞が印象的な「プリテンダー」の2曲も非常に重要です。 そんな中、一番心に残ったのは「あふれ出る涙」です。 美しいメロディとともにタイトル通りとても切ない歌詞が涙を誘います。 本作は前作『レイト・フォー・ザ・スカイ』と並ぶジャクソンの代表作です。 街で、このアルバムを聴きながら人ごみの中を歩いていると、切ない孤独感を感じ、まるで自分自身がジャケットに写るジャクソンになったような感覚に陥ります。 やはり、この素晴らしい歌詞を楽しまない手はないので、国内盤をお薦めします。 これ以前のアルバムは、詞と音楽が一体となったバランスの良いサウンド作りでしたが、一転、詞が前面に出てその力強い歌声が印象的です。 アルバム完成直前に起こった妻の自殺と取り残された子供への愛情が、それまでの体裁のよいサウンド作りをかなぐり捨て、溢れるような心情を吐露させるようなアルバム作りに駆り立てたんでしょう。 強烈な詞を豪華なゲスト陣の演奏がかろうじて支えている、そんな内容です。 このアルバムがあったが故に「孤独なランナー」「ホールドアウト」といったさらにレベルの高いサウンドが生まれたような気がします。 楽曲はどれも傑作。 中でも2曲目のロウエル・ジョージのスライドギターは彼の最高のプレーでしょう。 プロデューサーは、ブルース・スプリングスティーンでおなじみのジョン・ランドゥー。 ここにも彼がこのアルバムで求めたものが明確に出ています。 Much is written about the success of a song, album or artist. Jackson Browne is certainly an artist who has had a lot written about him and enjoyed a lot of success over decades, with a strong body of work that has reached people at a world-wide level, that has sold in the millions. However, forgetting that however impressive the true assessment of his material, most certainly on this album, lies in the quality of the songs and their lyrical content. The front cover really sums up the essence of the album. Indeed, it is an album full of songs where doubt, fear, stress and depression meet positivity and hope for a better world. The front cover shows Browne crossing a road, surrounded by many other people in the same boat, seemingly unaware of each other. Yet the "walk" sign is flashing, meaning they are free to carry on their journey having had to wait for the traffic to clear. Whether this was the full intention when chosen for the cover I do not know, but it is very suitable for the songs contents. Also work noting is the back sleeve features a photo of a small child on a beach, without a care in the world. Deliberate or not, this too is suitable for the message of the albums songs. The first song "The Fuse" also has a very suitable opening with the first lyrics being "It's coming from so far away, it's hard to say for sure, if what I hear is music, or the wind through an open door... "The fuse" covers a lot of ground. Personal struggles, disappointments, taking chances, poverty and world hunger, are just a few of the issues addressed in the song, and as a result comments on a high level to people in general. The next track "Your Bright Baby Blues" has a more personal feel to the listener, but is certainly no less meaningful than it's predecessor. The song opens with the singer sitting by the highway watching everyone travel as fast as they can, saying "I guess they got a lot to do" before hoping God can "let him slide" as he has travelled the highway fast himself many times but can never get away from himself, proclaiming he is constantly hoping he is "just a day a way, from where I wanna be". The singer feels unable to escape his hurt, pain, problems and for "that feeling of peace" turns to comfort, though ultimately what is comforting him is doing him no good in the long run pills of drugs in this song, though this could be any form really, be it drinking, smoking, comfort eating, or anything else. The lyrics continue "I felt like I was flying like a bird, so far above my sorrows, but when I looked down I was standing on my knees... now I need someone to help me, please. " His pleas for help to someone continue until the songs end. The third track "Linda Paloma" turns out to be my least favourite track on the album. I know I am not alone in this. I also know many love it. Personally, I think it is a good song, but just not up there with the rest of this album. Put it elsewhere, and it would probably work better. Indeed its tale of lost love is one that many can connect with, but nothing that hasn't been done before by a hundred other artists. You can not say that about the other tracks on this album. The fourth cut "Here Come Those Tears Again", while along a similar line, takes the ante back up to the first two cuts and is continued for the remainder of this album. However, what makes this song different is that while this could be about a love affair, it could also be applied to relationships with a spouse or close friend. The singer feels he is just getting over his hurt and pain, but then when he thinks he is over the worst, he suddenly finds himself back to square one, hurt, disappointed and depressed about the failure of the relationship in question. The lyrics confirm "some other time... when I'm strong and feeling fine... when I can look at you without crying, you might look like a friend of mine" but for now he can not feel able to re-open his heart to the person who broke it into pieces. The 5th track on the CD or for those vinyl and cassette listeners, track 1 on side 2 is another great song called "The Only Child" which tackles greed, selfishness, mistakes, compassion and forgiveness for yourself, as well as others. The song pleads its listener to take care of their mother, brother and each other. However, it does not make light of anyone's let downs, proclaiming "There are those who feel themselves exiled, on who the fortune has never smiled, and upon whose lives the heartaches have been piled. " Ultimately, the song tells us to take care of each other the very best we can, and to hold on to those who love us. Next is "Daddy's Tune" and what a tune! The singer starts talking to his father, recalling his know-it-all youth and refusal to take his fathers advice seriously, instead listening to the words of his just as immature peers back in the day. The singer goes on to admit to his Dad "the things you said are so much clearer now". Wishing he could turn back time, though it is obvious such a desire can never be granted. I love the line "Make room for my 45s, along beside your 78s... " this would sound a little dated to todays audiences, but not for the next line "nothing survives, but the way we live our lives" which means the reference before it actually hits the nail on the head even more decades after the songs composition jokingly, I will often sing "make room for my MP3's, along beside your CD's" if I am singing along to this. It opens with the singer laying awake at night, wondering where all the years he has ahead will take him. We then go though on a journey of love gone wrong, friends lost and countless disappointments. The singer states he tried so hard to make his love work out and questions what does love have to do with being happy, reflecting the times he and his loved one were happiest were the times they never tried to be. The song ends full circle, years later, laying awake in bed, with the singer wondering where all the years have gone. The final cut is the title track "The Pretender" one of the albums longest cuts, clocking in at about six minutes. The song opens with the singer getting up, getting ready, packing his lunch and going to work, before returning home ready to do it again tomorrow. Again lost love comes into the picture, as does the now longing for a true lasting love and "the struggle for the legal tender". When I was a small child, I used to think he was literally referring to former soldiers when he sang about "the veterans dreaming of the fight, fast asleep at the traffic light... " Now, of course, I know it is symbolic, and it could be referring to any one of us, traveling home from our job, about our own struggles with love, life, money, careers, and other personal issues. The song concludes the pretender anyone of us accepts his dreams have likely begun and ended, and the ship bearing many of these dreams "sails out of sight". However, the pretender has not given up and will be "a happy idiot" and continue to live life the best he or she can. The song ends asking us to say a prayer for the pretender ourselves. Yes, this album has a lot of dark moments. It can be a very emotional album to listen to, and will certainly remind many as it does me of our misfortunes, mistakes, disappointments and times we wished or should have known better. Yet, in spite of all this, there is still a strong undercurrent of positivity on this album that comes to the fore by its conclusion. It is an album I for one and I am sure many others will continue to love and return too forevermore. I was introduced to Jackson Browne's music when a visting a friend in California in 1978 and have loved the man and his music ever since. I had already added a CD version to its vinyl twin several years earlier, but after I heard the remastered hi-resolution version of the equally great "Late for the Sky", the improvement was notable. Remastering can sometimes appear to be about "loudness", but it should be about clarity, detail, subtlety - and stereo separation. When it is done well - as here - it is like seeing the face of a friend who has had a great holiday. I was almost put-off by the description "International Release" which could cover a multitude of sins. The packaging is also very similar to the original CD and not very informative, but this is indeed an improved rendition. My rule of thumb is that any CD issued before the mid-1980s often used the "master" created for the vinyl release due to a ignorance and b record-company greed. No disappointments on this occasion. These are great songs by one of the half-century's best singer-songwriters. By the way, the young, fresh voice of Browne as offered on early albums such as this one compare interestingly with his 2010 "Love is Strange" live album where he once again accompanied by the superb David "if it has strings he can play it" Lindley. What Browne has lost not much in tone he has gained in subtlety of interpretation. PS Vinyl is rarely if ever superior to a good diigital recording played through appropriate equipment. 海外のトップレビューはここまでです window. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. when 'cf'. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. load. ssl-images-amazon. js,11OyIHCq0lL. js,01GhKb2usNL. when 'cf'. when 'search-js-jq'. when 'amazonShoveler'. when 'simsJS'. when 'cmuAnnotations'. when 'exte.

次の