ココナラ 声優。 ココナラで依頼者様がくれたサプライズ♡心から声優をやってよかったと思ったクリスマスの夜♪

無料法律相談と弁護士検索ができる「ココナラ法律相談」

ココナラ 声優

仮歌とは 作家事務所などに所属している作家さんがコンペなどに応募する際にボーカロイド等ではなく実際に歌い手さんに歌を歌ってもらい、プロディーサーさんやアーティストさんに聴いてもらう為の 仮の歌を入れるお仕事です。 今までバンド活動などでは事務所には所属していましたが正直稼げていませんでした。 収入よりも活動費の方が多く出てしまい、稼げてる感覚は一切ありませんでした。 その後バンドを辞め、個人でDTM等の勉強をしながら何か音楽で仕事が出来ないかと調べていた所 ココナラ に出会いました。 ココナラで仮歌を始める事でバンド活動の頃には稼ぐことが出来なかった金額を稼ぐ事に成功しました。 私がココナラを使って仮歌を始めた経緯やメリットやデメリット、実際に稼げるのかなどをお話しさせて頂きます。 私が仮歌を始めるまで 今となっては仮歌カテゴリーが出来ていますが、私が始めた頃は仮歌カテゴリーなどありませんでした。 当時は声優、ナレーションカテゴリーの中にチラホラ仮歌をやっている方がいる程度でした。 元々バンドでハモリが得意な事から歌う機会が多かった事もあり、歌の仕事をしてみたいと思うようになりました。 そんな中仮歌という仕事がある事を知り、ココナラに出会い、得意な事を売るというキーワードから自分で歌のサービスを作れるのではないかと思い仮歌のサービスを始めるに至りました。 そもそも仮歌とはどんな仕事? 本来仮歌は作家事務所などで仮歌バイトの募集から面接などの審査を経て登録し、仮歌依頼があった際にレンタルスタジオや事務所のスタジオなどに実際に行って、作家さんにディレクションして頂きながらレコーディングを進めて行きます。 作業内容によって作家さんの方から報酬を頂く流れになります。 その際サンプル音源は出来る限り載せるようにしてください。 その音源を作家さんが聴き、自分のイメージに合った声ならご依頼を頂けます。 ご依頼内容や納期、必要事項を確認し問題なければサービスを購入していただきます。 ご依頼者からの評価が入ると無事料金が振り込まれます(実際に銀行に振り込むには別途ココナラ内から申請が必要)。 このような感じで作家さんとのやり取りは全てweb上で行われます。 PC環境の無い方はちょっと難しいかもしれませんが、PCさえ持ってればそこまでハードルは高くないです。 ココナラで仮歌の仕事をするメリット ではココナラで仮歌の仕事をする際のメリットをご紹介させて頂きます。 仮歌を始めて1年ちょっとで数十万円の利益を得る事が出来るようになりました。 自分の好きな事が仕事になり、副業としては十分なのではないでしょうか? ココナラの手数料等に関していろいろ言われていますが、登録無料で利用出来、サイト運営や営業をしなくとも活動が出来ます。 私はココナラを通し得た収益を機材費や活動費などに当てる事が出来、以前よりも充実した音楽活動が出来ています。 作業量次第では私よりも収益を増やせる方もいると思うので、やりたくないバイトなどをするよりも、自分のやりたい事で収益を得られる場があるのは今後の自分の為にもなりますし、人生が少しでも明るくなるのではないでしょうか? これだけで生活をするというのは難しいかもしれませんが、実際にココナラなどを使いフリーランスとして仮歌のみで生計を立てられている方もいるくらいなので人生の幅が広がると思います。 yusuke karino 通称カーリー 神奈川在住) 中学からギターを始め、バンド活動を通して様々な経験をして来ました。 バンド時代はCDデビュー、有名アーティストとの共演、テレビ・ラジオ出演等を経験。 現在はシンガーソングライターとして活動をしつつ、独学で学んだDTM等を駆使しYouTube投稿、仮歌、楽曲提供、アレンジ、サポートミュージシャンとして幅広く活動させて頂いてます。 様々なバンドを経験したおかげで、歌、コーラス、ギター、ベース、ドラムを演奏出来ます。 その為楽曲制作では全て一人で完結する事が出来ます。 現在は歌、作曲、BGM作成、ブログなどで徐々に収益化が出来るようになってきました。 このブログでは音楽通して得た知識や知恵を配信して行きます。 また仮歌依頼や楽曲制作依頼なども随時募集しておりますので、問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

次の

【歌を仕事にしたい!】仮歌で売り上げ20万円以上!私がココナラを選んだ理由(コンペ採用実績あり)

ココナラ 声優

相手に響くナレーションのポイント4つ ナレーションで聞き手の感情を動かすのは難しいことです。 これから紹介する4つのポイントに気を付けることでスキルを磨いていきましょう。 ナレーションで何を伝えたいのかを意識する どんな物事でも、最終的なゴールを設定することは、とても大切です。 これはナレーションでも同様。 ナレーションには必ず「メッセージ」が存在するため、伝えたいテーマや気持ちを乗せることが上達のコツです。 ここで注意なのが、ナレーションを仕事にすると、クライアントや制作者から様々な要望があること。 例えば、「朝の情報番組なのでさわやかにお願いします」「ファミリー向けの車をPRするためのCMなので元気な感じでお願いします」など、使用目的に合わせたナレーションをしていく必要があります。 相手の要望を踏まえた上で、自分の個性を出すことをゴールにして、表現力を磨くことを意識しましょう。 いい声を出すための正しい姿勢 スマートフォンやPCに長時間触れている日本人は姿勢が悪く、大半の人が無意識のうちに猫背になっています。 猫背のままでは、首が前に出ているため気道をが曲がってしまうため、どんなに頑張っても、すぐに限界が来てしまうものです。 声を出すための理想の姿勢は、 空気の通り道がまっすぐ一直線になっていること。 軽くアゴを引き、背筋を伸ばし、腰骨で体重を支え、肩甲骨を締めてみてください。 常に今あなたがしている姿勢でナレーションすることを意識しましょう。 ・本格的に姿勢を治したいならトレーニング! 先ほどの正しい姿勢を試してみて「姿勢キープするのツライな……」と感じた方も多いと思います。 しかし、この記事を読んで一時的に姿勢をよくしても、長期的な問題解決にはなりません。 いい声をコントロールするためには、 下腹部のインナーマッスルと良い姿勢を支えるとめの背筋を重点的に鍛える必要があります。 また、肺を強化するためにランニングや水泳などの有酸素運動も効果的です。 滑舌を改善する ナレーターや声優など声を扱う仕事をする上で、避けては通れないのが滑舌を改善すること。 大事な場面で噛んでしまったり、何度も聞き返されたりする人は、これから紹介する滑舌改善法を試して自分に合ったものを探してみましょう。 ・一語ずつ丁寧に発声する よくある間違いが、早口言葉を言い切ることが滑舌改善に良いという考え方です。 あながち間違いではないのですが、それはあくまでその場凌ぎのような効果しか発揮しないケースがよくあります。 実際に、昨日はできたのに今日はできない、という事が良くあるのです。 そのため、 練習では速く読むことよりも、むしろ丁寧に一語ずつ発声することを心がけてください。 自信がなく最低限の声が出ていない 意外と見落としがちなのが音量です。 当たり前のことですが、耳にすら届かない声が、相手の心に届くことはありません。 普段の練習時は問題なくても、本番の慣れていない環境では、自分でもびっくりするぐらい声が出ていないことが多々あります。 とにかく、 ナレーションをするときは、気持ち大きめに声を出すことを意識しましょう。 自宅で録音するときのポイント ナレーションの仕事を獲得していくためには、クライアントにボイスサンプルを提出して認めてもらう必要があります。 真剣にナレーターを目指している方向けに、 自宅に用意するべき機材と注意点をまとめました。 もし自分のナレーションを録音たことがない方は、スマホやボイスレコーダーで構わないので、ぜひ録音して聞いてみてください。 自分の思っている声録音の声とのギャップがかなりあるはずです。 まずは原稿を用意しよう 録音するにあたって忘れてはならないのが原稿。 ひとつの文章の長さや言い回しなど、聞く側にとってわかりやすい文章であることを意識して原稿を作る必要があります。 音読用に適した原稿の書き方については、ぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいね。 自分の声質にあったマイク コンデンサーマイクがおすすめ• オーディオインターフェース• スピーカーまたはヘッドホン• 音声編集ソフト• PC 注意するべきポイント 今後プロとして活躍したいと思っているのなら、 本番に近い録音環境でボイスサンプルを作ることは非常に重要です。 スマホなどの簡易録音で少し自信が付いてきた人も、録音設備そろえてナレーションすると、意外と今まで気付かなかったアラやクセが分かりやすくなるので、出来れば早く機材をそろえましょう。 オンラインレッスンを受けてみよう 練習も万全、機材や原稿を用意して、いざ録音! ……と、その前に一度 オンラインレッスンを受けてみるのはいかがでしょうか? ココナラなら、家にいながらにしてお手軽・お手ごろにマンツーマンレッスンが受けられます。 プロのアドバイスで、より高いクオリティを目指しましょう! 声優・ナレーター講師に相談したい方はこちら プロのアナウンサーによるレッスンを受けたい方はこちら 声優によるレッスンを受けたい方はこちら こだわりたい方向け!音声編集してくれる出品者 いくら満足のいく演技が録れていても、レコーダーの操作音などのノイズが入っていると、クライアントにマイナスの印象を与えてしまうことも……。 ボイスサンプルを作成するための音声編集技術に自信がない、編集する時間がないという方は専門家に依頼してしまいましょう。 ココナラには豊富な音声編集のプロが在籍しているため、きっとあなたに合ったサービスが見つかるはずです! 高品質な音声編集依頼はこちら ミックス・マスタリングのプロに依頼したい方はこちら お手頃価格でノイズカットを依頼したい方はこちら その他にも、ココナラにはたくさんの専門家が登録しています。 詳しくは以下のリンクから、あなたの条件に合う方を探してみてください。 時間がない人向け!プロのナレーター 結婚式やイベントの司会音声など、急遽ナレーションの技術が必要になった人向けにココナラに在籍している現役のプロナレーターを特別にご紹介します! TVCMなど出演実績多数の実力派ナレーターはこちら 現役プロ!高品質な男性ナレーターはこちら まとめ 今回はナレーター、声優を目指す人向けにナレーションのコツと仕事に繋げていくためのポイントを解説しました。 表に出ることは少ないものの、TVCMやラジオなど様々な業界で活躍の場があるナレーション。 この記事を機にナレーションの技術を磨いてみてください!.

次の

ココナラについてココナラで声優やナレーションのお仕事を受...

ココナラ 声優

御参拝、誠に有難う御座います。 住職(管理人)の修羅観音です。 あなたは、「ココナラ」というサービスサイトをご存じでしょうか。 「ココナラ」というのは、知識や技術(スキル)といった、無形商品・サービスを売買出来るサイトであり、私はWBSという報道番組で知りました。 WBSで知ったときは、なかなかに面白そうなサービスで興味深く観ておりましたもので御座います。 しかしですね、最近はなんと言いますか、まあ、酷い。 いや、ココナラ自体を悪く言っているのではありませんからね、ココナラそのものは、存在意義があると頂いておりますし、私も有り難い取引をさせて頂いておりますから。 ただね、現状はとにかく酷すぎます。 実際にどのように酷い有様か、ここ数ヶ月にわたって、実際に自腹を切ってサービスを購入したり販売者とやり取りして、肌で感じましたよ。 一方で、とても素晴らしい販売者とも御縁を頂きまして、ココナラにこのような人が増えればいいなあ、とも思いました。 今回は、その酷い現状について、私が発するココナラの評判と言う事で、お伝え致します。 Contents• ココナラの評判をお伝えする前に 最初にお断りしておきますが、ココナラ自体は良いも悪いもありません。 私は、WBSでココナラを知ったとき、なかなか良さそうな事案だし、興味深いと感じた程ですからね。 例えば、最近でしたら無料法律相談も出来るサービスがあり、敷居が高い事柄でも、気軽に手軽に接点を持つ事が出来ます。 凄く綺麗であったり、素人が観ても上手だなあ、と思うイラスト・絵を、良心的な価格で販売して下さる方もいらっしゃいます。 最近でしたら、こちらから「こんな事で困っています、だから誰か力を貸してくれませんか、報酬はこれくらいで」と、 購入者側から依頼することも出来るようになり、使い勝手が良くなりました。 いわゆる「マッチングサービス」の媒体としては、とても有り難い場所であります。 しかしですね、その良さを台無しにする輩が、増えてしまったのも、また事実であります。 最近、海外由来のあるサービスが、日本でも出来るという事で始まった事案があるのですが、その事案に群がる販売者の意地汚さといったら、実に酷いものか。 今回は、そういったことも踏まえて、折角素晴らしいサービスであるココナラの評判を落とす販売者や売られているもの、そして売り方についてお伝え致します。 私からのココナラの評判と現状報告1:詐欺まがいもしくは詐欺商材の販売所とかしている 私が、実際にココナラの評判を落としていると感じる現状について。 一つ目は、特にSEO・マーケティングと副業・アフィリエイトのカテゴリーで多いことです。 それは、 :詐欺まがい、あるいは詐欺商材といっても過言では無い情報の販売所と化している という状況です。 いや、もうほんとに、酷いったりゃありゃしない、酷すぎます。 後にお伝え致しますが、特にこのカテゴリーにおいて、真摯で誠実な販売者はもの凄く少ない。 無料お試し枠であろうが有料であろうが、本当に酷い状態です。 特に酷かったのが、ある海外初のMLM(マルチレベルマーケティング)と呼ばれる、早い話がネズミ講・マルチまがいですが、それを「最先端のアフィリエイト」だとか宣って集客している輩が、わんさかといたものです。 私も現状を知るために、何度か実際に無料お試し枠ではありますが購入してみたところ、酷いのになると、商品内容に記載していないのに、いきなり「電話で話しましょう」「直接会いましょう」と言ってくる始末。 そういうことは、最初に明記しておきなさいよって話です。 直接会ったが最後、上手いこと誘導して、マルチやネズミ講に勧誘されますからね、こういう輩には近寄ってはいけません。 また、このカテゴリーでは、PDFでマニュアルを渡す形式の販売者が沢山いますが、無料レポートレベルのものを、3000円とか5000円、酷い場合には万単位の価格を付けて、恥ずかしげも無く販売していた輩もおります。 商品内容紹介のところで「これは何万円の価値があります!」だとかいって、無料レポートレベルとか、話になりませんがな。 その販売手法は、情報商材のやり方そのまんまです。 ウェブサイト式のセールスレターでやるか、ココナラでやるかの違いだけです。 ココナラでやらんで欲しいですね、ココナラの評判が堕ちるでしょうに。 ココナラにおいて、特にSEO・マーケティングと副業・アフィリエイトのカテゴリーは、このような酷い有様です。 私からのココナラの評判と現状報告2:集客目的だけで使っている ココナラの評判を落とすような販売者の現状で、二つ目に取り上げるのは、 :ココナラを集客媒体として「だけ」利用している ということです。 これは、ココナラだけでは無くて、SNSにおいてもそうですね。 こういった類いのサービスが始まると、遅かれ早かれ、我利我利のビジネス媒体に使われてしまうのは、現代社会の性(さが)というやつでありましょう。 FacebookやTwitter、今ではLINEもそのような状態になっています。 私は、ココナラを集客の一環として活用する事に対して、それ自体は別に悪だとは思いません。 しかし、現状はバックエンド商品を売りつけるための、集客のため「だけ」に、意地汚いやり方で使っている輩がおります。 私が潜入して観た事例として、無料お試し枠で「トレンドアフィリエイトを教えます」という販売者がおりました。 (今はもういなくなっています。 ) で、それを購入して、チャットワークに誘われて行ってみると、10万円以上のコンサルティングを売りつけられましたよ。 速攻で離れましたがね。 もしも集客が目的の場合は、まずココナラできちんとお客様にご満足頂けるサービスを提供すべきです。 ココナラにおいて、お客様の 「抜苦与楽(ばっくよらく)」や、悩み解決を完遂することが先決です。 それをしてから、初めて「他にも有料ではありますが、こういう仕事もしております、紹介だけさせて頂きますね。 」とするべきです。 どのようなSNSなりココナラのようなサービスは、ビジネス色が強くなっていく傾向にアリ、現代社会においては致し方ない部分も御座いましょう。 だからこそ、 ココナラに限らず、SNSであったりこのようなサービスを集客に使わせて頂く時は、最低限のモラルなり倫理観を備えておきたいものです。 そうしないと、本当に我利我利亡者なる詐欺師になりかねませんからね。 このように、集客の仕方が意地汚い輩が増えた事も、ココナラの評判を貶める販売者の業(ごう)であります。 一方で、本当に評判がよく気持ちの良い販売者はいます:私が会った良心的なココナラの販売者 私が申し上げるココナラの評判をお伝えしてきましたが、悪い話ばかりではありません。 本当に一握りではありましたが、真摯で誠実にココナラで、サービスなり知識、技なり術を販売されている方もいらっしゃいます。 私も、実際にそのような方と御縁が御座いました。 その人の名前は、仮に 「走者さん」とさせて頂きます。 走者さんは、副業・アフィリエイトのカテゴリーで知識を販売されている方で、最初から最後まで、気持ち良く取引が出来ました。 まず、販売している事柄の内容が、サービス内容や購入に当たってのお願いなどの項目で、具体的で明確に示されていたのが、好印象でした。 どういうものを使っているのか、と言う事も明示されていて、販売されている内容も具体的に連想・イメージ出来ましたからね。 価格は3000円で、私はオプションも付けて合計5000円(税込5400円)で購入したところ、内容は販売前に提示されている情報と遜色ないものでした。 ココナラで買い物をすると、販売者とやり取り出来る 「トークルーム」が設置されますが、そのトークルームでも、丁寧に情報を提示して下さいましてね。 走者さんは対応も早くて、終始スムーズに取引・やり取りが出来まして、気持ち良くココナラでの買い物が出来たと、有り難かったものです。 走者さんの評判や評価を200人以上が付けていますけれども、4. 9と満足度が高く、それも結構具体的な評判・評価を発している人ばかりでした。 ココナラには、こういう人もいるんだと、希望を持てた事例で御座います。 ほんと、走者さんのような人がココナラに増えてくれればなあ、と思うところで御座います。 酷い事例は反面教師として戒め、良い事例は見習う ココナラについての評判として、なんだか前半はディスるような雰囲気を感じられたかも知れません。 繰り返し申し上げますが、私はココナラそのものは、人々の悩みを解決する、「抜苦与楽」の一つのサービスとして、存在意義を感じております。 酷い現状にしているのは、心ない販売者が要因です。 ほんと、ココナラでも余所でもやりなさんな、と言いたい。 本当に、酷い販売者って沢山いますからね。 粗悪な者を売りつけておきながら、お客様に責任をなすりつけて、「こんな評価は不服です」とかいっちゃってる我利我利亡者も、目の当たりにしました。 不服って、まず自身の業(行為、行い)を顧みなさい、と言いたい。 一方で、私が出会った「走者さん」という、非常に誠実なやり取りを心がけていらっしゃる販売者もいます。 大切な事は、購入前にきちんと見極める目を持ち、こちらは誠実なやり取りをする、ということです。 肝要な事は、そのような輩については、反面教師として頂き、自身はこうならないように戒める事です。 逆に、走者さんのように、粗悪な者を売りつけず、お客様に対して誠実な対応をして下さる販売者の態度や在り方は、見習って自身にも活かすことです。 そうすることで、ココナラが、もっとより良いサービスサイトになる一助となりましょう。 >> 「じゃあ、粗悪な販売者はどう見極めれば良いの?」という疑問も御座いましょう。 それについては別途、私が実際にやり取りしてきた実体験を元に、目利きというと大げさかも知れませんが、失敗しないための幾つかの方法を、お伝え致します。 参照記事: あなたのよきココナラライフに貢献出来ましたら、嬉しく思います。 合掌、礼拝.

次の