体重計 基礎代謝 あてにならない。 体重計の体内年齢はあてにならない!体組成計は信じていいのか?体重計,体内年齢,あてにならない

体重 計 体 脂肪 率 あて に ならない

体重計 基礎代謝 あてにならない

まとめ 毎日の生活で、健康管理って、なかなか、難しいですね。 最近の体組成計つきの体重計を利用すると、簡単に体の状況が把握できます。 それによって、食事内容を調整したり、運動するための動機づけができます。 また、朝夕に体重を測定することで、睡眠の質も見える化できるので、睡眠時間などの調整も出来ます。 私は、日々の日課に、体重測定を組み入れています。 スマホアプリと連動出来るモデルの体重計(3,300円程度)を利用しています。 それを確認するだけで、体の変化を見える化ができます。 記録オタクの私ですが、誰にでもできるお手軽な自己管理です。 体の状態をうまく管理して、正しい健康をキープしましょう! 食事をデータ管理してもっと健康に! 体重、体脂肪率の増減で、食事を調整しています。 食べ過ぎた場合は、1週間の間で、食事の量を調整しています。 基本的に、毎回、同じカロリーの摂取が、健康にはいいのですが、1週間の平均が適切カロリーになるようにすれば体重が増えたりしません。 私は、スマホアプリの「あすけん」を利用しています。 食事をカメラで撮影するだけで、カロリー計算をしてくれます。 また、食事内容で、取り過ぎや不足ぎみな栄養素を判断して、おすすめメニューを提案してくれます。 日記が書けたりして、他の利用者とコミュニケーションが取れたりして、楽しく使えます。 私は、食事内容と運動内容の記録に使い、モチベーション維持に利用しています。 また、体重計の記録データともリンクして、体重や体脂肪率などの動きをグラフにしてくれます。 自分の食事の課題を客観的に分析して、より良き体を育てましょう! 睡眠と体重の関係を理解しよう! 寝る前の体重と、起きた時の体重の差が、深い睡眠のバロメーターになることを知っていますか? 減った体重の量で、睡眠の質がわかるので、毎日、同じだけ減るような生活習慣を見つけましょう。 また、睡眠は、記憶を整理したり、体の疲れを回復する大切なものです。 7時間以上の睡眠が、健康な体を維持する為に必要です。 体の疲れを回復するために、エネルギーが消費されます。 その為、良い睡眠をした場合、体重がかなり減ります。 睡眠が浅いと、あまり体重が変わりません。 その減り具合で、良い睡眠だったか、そうでないかわかります。 毎日してみると、ぐっすり眠れたときの方は、体重の減りが大きいです。 下の測定結果ですが、10時間以上の睡眠をした時のもので、1.25kgも体重が減っています。 このときの睡眠の快眠度は、99%で、体の変化と、リンクしていることがわかります。 体重が減って快眠度が高いことがわかると、何か得した気分になり、なんとなく嬉しいものです。 睡眠の質を意識できるだけでなく、日々の体重の変化もわかるので、一石二鳥です。 自分の体重の変化にフォーカスして、明日以降の行動の参考にできれば、正しい活動が出来ます! スマホアプリで体の変化を楽しもう! 食事管理アプリ「あすけん」(月額300円)、スマートウォッチ(GPS ランニングウォッチ iWOWNfit P1 5,000円程度)、アプリ対応の体重計で、健康管理を行っています。 スマートウォッチは、睡眠の深さ、心拍、歩数、疲労度などが測定できるスグレモノのです。 そのデータがスマホアプリに転送されて、1日の活動記録が、グラフとかで確認出来ます。 GPSが付いているので、地図上でどこを動き回ったかもわかり、面白いです。 また、脂肪燃焼に適した心拍数を知らせてくれるので、それを確認しながら運動をすれば、効率よく脂肪を燃焼できます。 食事管理アプリ、体重計のアプリ、スマートウォッチのアプリで、ほぼ全ての体の管理が出来ます。 私は、記録することが好きなので、それらの記録を確認しながら、明日以降の活動を、楽しく計画しています。 一見、手間なようですが、スマートウォッチを身につけるだけだったり、食事の写真を撮るだけだったり、体重計にのるだけです。 スマホと連携すれば、数値化した、健康管理が安価な機器で手に入ります。 大切な健康を体に入れると、何事もうまくいき、楽しい生活が手に入ります。 まとめ 意外と安い体重計だけでも、楽しく体調管理ができます。 スマホなどのアプリを利用すれば、過去の履歴が見れたり、未来への調整が容易にできてしまいます。 健康管理って、厳しい自己管理と思っている人がいます。 最近は、身につけるだけ、体重計にのるだけで、意識できる数値やグラフが確認出来ます。 寿命がどんどん伸びているので、健康年齢もどんどん伸ばしたいですね。 日頃から、自分の体を見える化して、自分を大切にしていきましょう! <おすすめ記事>.

次の

体脂肪率はあてにならないことが分かった。

体重計 基礎代謝 あてにならない

体重計の体内年齢はあてにならない!体組成計は信じていいのか? 体重計の体内年齢はあてにならないって知りたくありませんか? この記事では、体重計の体内年齢はあてにならないについて解説しています。 体重計の体組成計は信じていいのか説明します。 この記事の内容は次の通りです。 ・体内年齢が若すぎる! あてにならない体組成計の表示を信じていいのか? 1 ・あてにならない体重計の体内年齢の秘密とは 体内年齢が若すぎる! あてにならない体組成計の表示を信じていいのか? 皆さんは毎日体重を測定していますか? メタボが気になる人も、気にならない(気にしない)人も、健康管理のためには自分自身の体重を把握しておくというのは重要なことです。 習慣にしてしまえば、なんてことないのですが、女性はともかく、男性のなかには「体重測定は年に一度、健康診断の時くらい」という人もいるのではないでしょうか。 気がついたら1年で5kgも体重が増えていたなんて…ちょっとそれはまずいですよね。 できれば一日一回、お風呂に入る前とか、朝起きた時とか、時間を決めて体重計に乗るくせをつけると、わずかな体重の増減にも気づくことができます。 5kg、10kgも太ってしまったら、元に戻すのは大変! 2〜3kgくらいの増加なら、1週間も頑張ればやせられますから、日々の体重管理が重要なんです。 そもそも、家に体重計がない!という人は、まずは購入しましょう。 気になるのは体重だけじゃない、体脂肪も気になりますよね? 最近では体脂肪が測定できる機能が付いた体重計も価格が安くなっていますが、これから購入するならいっそ「体組成計」がおすすめです。 体組成計…ダイエットを意識している人はご存じだと思いますが、体重計すら持っていないという人だと、イマイチよくわからないかもしれませんので、簡単にご説明しますと、体重だけでなく体脂肪、内臓脂肪、筋肉量、骨量、代謝量、BMI値から、体内年齢までも算出(?)してくれる進化した体重計なのです。 自分自身の生年月日や性別などの必要データを登録するだけで、あなたの身体の中の数値をあっという間に計測してくれるので、生活習慣病やメタボが気になる人には、何をどのくらい減らせばいいのかとか、筋肉量が少ないことがわかったらどうやって増やそうか?とか、具体的な目標も立てやすくなります。 私は体重計の体組成計を購入しました。 もともと太ってはいませんが、「ヤセていても内臓脂肪が多いことも…」なんて話を聞くと、ちょっと心配になるもので、とにかく内臓脂肪量を知りたくてついに購入に踏み切ったわけです! いろいろ設定を終えて、いざ、測ってみると…どきどきしましたね〜。 で、体内年齢は…24歳?!(当時49歳)いくらなんでも若すぎやしませんか? でも、まんざら悪い気はしないもので、これからもこの体内年齢を保っていくように頑張る!という漠然とした目標ができたわけです。 筋肉量を増やしたら、来年は体内年齢23歳になるかもっ!とか、欲がでてくるんですよ、これが ところがですよ、翌年の誕生日を過ぎたら、きっちり25歳に上がってるんですよ体内年齢が…いやいや、それはないでしょう。 実年齢は確かに50歳になったけど、だからといっていきなり体内年齢もですか? なんか納得いかないんですけど…。 その後も順調に歳を重ね、56歳になった今は体内年齢31歳。 7年前から1歳ずつ増えました(笑)。 体脂肪等 それぞれの数値的にはあまり大きく変化はしていないのですが、まぁこんなもんかと、いつの間にか体内年齢はあまりあてにしなくなっている今日この頃ですが、実年齢より若けりゃ十分。 とにかく、 この7年間で何かの数値が極端に悪くなることもないというのは、それなりに毎日意識して体重、体脂肪、その他もろもろを測定していたからにほかならないと言ってもいいでしょう。 まさに「頑張らない健康コラム」おすすめの健康法の第一歩、まずは体組成計で毎日体重を量り、自分自身の身体の真実、体内年齢の真実を知りましょう。 若けりゃうれしい、老齢を宣告?!されたらそれを改善する気持ちになるでしょう! こんな単純なことでも、意識を変えるきっかけはつかめるのです。 運動したり、食事をコントロールした結果が自分自身の目で確かめられれば、頑張り甲斐もあるというもの。 あてにならない体重計の体内年齢の秘密とは いまどきの体組成計って、体重だけでなく、体脂肪や基礎代謝、筋肉量、内臓脂肪、さらに「体内年齢」も計れるから、スゴイ。 ただし、体内年齢が実年齢より10歳以上若くなったり、日や時間帯で大きく変わったりするのは、不思議だ。 「体内年齢」って何を基準に出しているものなのか。 タニタのお客さまサポートに聞いた。 「測定した基礎代謝量を体重で割ると、『基礎代謝基準値』が出ます。 その基準値を厚生労働省の定める基礎代謝の年齢傾向と、タニタ独自の体組成の年齢傾向の2つに合わせて表現したものが、『体内年齢』なんです」 基礎代謝とは、ごろ寝していても絶えず使い続けるエネルギーのこと。 基礎代謝を計ることで、エネルギーを消費しやすい"燃えやすい体"か、脂肪を蓄えやすい"燃えにくい体"を判定しているわけだ。 「一般に、トシをとるにつれて筋肉量と基礎代謝が低下する傾向がありますので、『筋肉量が多いこと』『基礎代謝が高い』ことが、体内年齢が若く出る条件となります」 さらに、不思議なのは、快便のときのほうが、便秘気味のときよりも体内年齢が若くなる気がすること。 これってなぜなのか。 「体組成は、体に微弱な電流を流したときの電気の流れやすさ(電気抵抗値)で測定しますが、便がたまっていると、それが脂肪なのかどうかわかりかねるのかもしれません」 便をため込んでいない場合には、水分量が多く、電気抵抗の関係で脂肪が少なく出て、逆に、便秘などで水分量が少ない状態の場合には、脂肪が多く出る傾向があるそう。 そのため、便秘をしているときに体内年齢が高くなるのではないかということだった。 ちなみに、体重が減ると、脂肪の数値が上がるのも同様の理由だそう。 「体重は食事や運動などで簡単に変化しますが、体脂肪量は実際にはなかなか変わりません。 『体脂肪率』は体重に占める体脂肪の割合のため、体脂肪量が変わらずに体重が減ると、その分、体脂肪率は大きくなるというわけです」 日々の体内年齢や体脂肪の数値の変化に一喜一憂するよりも、長期的な計測が重要なのだ.

次の

【精度が高いのは?】体組成計のおすすめ人気ランキング16選【2020年最新版】

体重計 基礎代謝 あてにならない

体重計の体内年齢はあてにならない!体組成計は信じていいのか? 体重計の体内年齢はあてにならないって知りたくありませんか? この記事では、体重計の体内年齢はあてにならないについて解説しています。 体重計の体組成計は信じていいのか説明します。 この記事の内容は次の通りです。 ・体内年齢が若すぎる! あてにならない体組成計の表示を信じていいのか? 1 ・あてにならない体重計の体内年齢の秘密とは 体内年齢が若すぎる! あてにならない体組成計の表示を信じていいのか? 皆さんは毎日体重を測定していますか? メタボが気になる人も、気にならない(気にしない)人も、健康管理のためには自分自身の体重を把握しておくというのは重要なことです。 習慣にしてしまえば、なんてことないのですが、女性はともかく、男性のなかには「体重測定は年に一度、健康診断の時くらい」という人もいるのではないでしょうか。 気がついたら1年で5kgも体重が増えていたなんて…ちょっとそれはまずいですよね。 できれば一日一回、お風呂に入る前とか、朝起きた時とか、時間を決めて体重計に乗るくせをつけると、わずかな体重の増減にも気づくことができます。 5kg、10kgも太ってしまったら、元に戻すのは大変! 2〜3kgくらいの増加なら、1週間も頑張ればやせられますから、日々の体重管理が重要なんです。 そもそも、家に体重計がない!という人は、まずは購入しましょう。 気になるのは体重だけじゃない、体脂肪も気になりますよね? 最近では体脂肪が測定できる機能が付いた体重計も価格が安くなっていますが、これから購入するならいっそ「体組成計」がおすすめです。 体組成計…ダイエットを意識している人はご存じだと思いますが、体重計すら持っていないという人だと、イマイチよくわからないかもしれませんので、簡単にご説明しますと、体重だけでなく体脂肪、内臓脂肪、筋肉量、骨量、代謝量、BMI値から、体内年齢までも算出(?)してくれる進化した体重計なのです。 自分自身の生年月日や性別などの必要データを登録するだけで、あなたの身体の中の数値をあっという間に計測してくれるので、生活習慣病やメタボが気になる人には、何をどのくらい減らせばいいのかとか、筋肉量が少ないことがわかったらどうやって増やそうか?とか、具体的な目標も立てやすくなります。 私は体重計の体組成計を購入しました。 もともと太ってはいませんが、「ヤセていても内臓脂肪が多いことも…」なんて話を聞くと、ちょっと心配になるもので、とにかく内臓脂肪量を知りたくてついに購入に踏み切ったわけです! いろいろ設定を終えて、いざ、測ってみると…どきどきしましたね〜。 で、体内年齢は…24歳?!(当時49歳)いくらなんでも若すぎやしませんか? でも、まんざら悪い気はしないもので、これからもこの体内年齢を保っていくように頑張る!という漠然とした目標ができたわけです。 筋肉量を増やしたら、来年は体内年齢23歳になるかもっ!とか、欲がでてくるんですよ、これが ところがですよ、翌年の誕生日を過ぎたら、きっちり25歳に上がってるんですよ体内年齢が…いやいや、それはないでしょう。 実年齢は確かに50歳になったけど、だからといっていきなり体内年齢もですか? なんか納得いかないんですけど…。 その後も順調に歳を重ね、56歳になった今は体内年齢31歳。 7年前から1歳ずつ増えました(笑)。 体脂肪等 それぞれの数値的にはあまり大きく変化はしていないのですが、まぁこんなもんかと、いつの間にか体内年齢はあまりあてにしなくなっている今日この頃ですが、実年齢より若けりゃ十分。 とにかく、 この7年間で何かの数値が極端に悪くなることもないというのは、それなりに毎日意識して体重、体脂肪、その他もろもろを測定していたからにほかならないと言ってもいいでしょう。 まさに「頑張らない健康コラム」おすすめの健康法の第一歩、まずは体組成計で毎日体重を量り、自分自身の身体の真実、体内年齢の真実を知りましょう。 若けりゃうれしい、老齢を宣告?!されたらそれを改善する気持ちになるでしょう! こんな単純なことでも、意識を変えるきっかけはつかめるのです。 運動したり、食事をコントロールした結果が自分自身の目で確かめられれば、頑張り甲斐もあるというもの。 あてにならない体重計の体内年齢の秘密とは いまどきの体組成計って、体重だけでなく、体脂肪や基礎代謝、筋肉量、内臓脂肪、さらに「体内年齢」も計れるから、スゴイ。 ただし、体内年齢が実年齢より10歳以上若くなったり、日や時間帯で大きく変わったりするのは、不思議だ。 「体内年齢」って何を基準に出しているものなのか。 タニタのお客さまサポートに聞いた。 「測定した基礎代謝量を体重で割ると、『基礎代謝基準値』が出ます。 その基準値を厚生労働省の定める基礎代謝の年齢傾向と、タニタ独自の体組成の年齢傾向の2つに合わせて表現したものが、『体内年齢』なんです」 基礎代謝とは、ごろ寝していても絶えず使い続けるエネルギーのこと。 基礎代謝を計ることで、エネルギーを消費しやすい"燃えやすい体"か、脂肪を蓄えやすい"燃えにくい体"を判定しているわけだ。 「一般に、トシをとるにつれて筋肉量と基礎代謝が低下する傾向がありますので、『筋肉量が多いこと』『基礎代謝が高い』ことが、体内年齢が若く出る条件となります」 さらに、不思議なのは、快便のときのほうが、便秘気味のときよりも体内年齢が若くなる気がすること。 これってなぜなのか。 「体組成は、体に微弱な電流を流したときの電気の流れやすさ(電気抵抗値)で測定しますが、便がたまっていると、それが脂肪なのかどうかわかりかねるのかもしれません」 便をため込んでいない場合には、水分量が多く、電気抵抗の関係で脂肪が少なく出て、逆に、便秘などで水分量が少ない状態の場合には、脂肪が多く出る傾向があるそう。 そのため、便秘をしているときに体内年齢が高くなるのではないかということだった。 ちなみに、体重が減ると、脂肪の数値が上がるのも同様の理由だそう。 「体重は食事や運動などで簡単に変化しますが、体脂肪量は実際にはなかなか変わりません。 『体脂肪率』は体重に占める体脂肪の割合のため、体脂肪量が変わらずに体重が減ると、その分、体脂肪率は大きくなるというわけです」 日々の体内年齢や体脂肪の数値の変化に一喜一憂するよりも、長期的な計測が重要なのだ.

次の