みずほ デビット 還元。 キャッシュレス・消費者還元事業のご案内

みずほJCBデビット

みずほ デビット 還元

Apple Payで動作するみずほWalletがついにデビット対応。 撮影:鈴木淳也 従来、「みずほWallet for iOS」では「Mizuho Suica」というApple Pay向けの専用の(青い)Suicaカードを通じて、交通系ICに対応した店舗での決済ができる。 また、Mizuho Suica残高には、銀行の口座からアプリ上でチャージができる仕組みだった。 今回のSmart Debitでは、銀行口座直結の「デビット方式」を採用した。 プリペイド方式のSuicaとは異なり、Smart Debitで支払った金額は、銀行口座から即座にリアルタイムで引き落とされる。 毎回チャージで残高を増やす必要がなく、必要な分だけを銀行の残高から支払い、明細はすぐに確認できる。 撮影:鈴木淳也 設定は非常に簡単で、 みずほ銀行の口座さえ持っていれば、みずほWalletアプリをダウンロードして口座連携をするだけ。 カード追加では、以前までMizuho Suicaしか選択できなかったが、今回Smart Debitが新たに選択可能になった。 「みずほWallet for iOS」の新機能は、このAndroidでのSmart Debit機能を踏襲したものとなる。 出典:みずほ銀行 詳細な理由は不明だが、複数の関係者らの話によれば「Apple側の意向」とのことで、これまで意図的にリリースが止められていた可能性がある。 つまり、今回のSmart Debit for iOSの登場により 「Apple Payでデビット利用が解禁された」と筆者は考えている。 今後、各社のデビットカードが順次対応を進めてくることになる可能性は高い。 従来でも、au WALLETプリペイドを工夫して使うことで、デビットに近い使い勝手を実現することはできた。 ただし、デビット本来のメリットは、何より口座直結による支払いの手軽さだ。 特に日本の場合、クレジットカードでは「マンスリークリア」と呼ばれる翌月一括払いの利用が一般的で、使い方としてはほとんどデビットの場合と大差ない。 米国の場合はApple Cardの機能にもあるように、ミニマムペイメントを組み合わせた月々の返済プランを自分で設定できるようになっているなど、 繰り越し利用がごく一般的になっている。 本来であれば、日本の決済事情にはデビットカードの方が向いている可能性が高いわけで、昨今はJCBやVisaを中心に、デビットカードを積極展開する国際ブランドも出てきている。 Apple Payでデビットを利用する下地ができつつある。 みずほが示したデータが興味深い 近年のキャッシュレス決済比率の推移。 特にデビット決済が伸びているという。 撮影:鈴木淳也 興味深い話題としては、みずほ銀行が示したデータだ。 日本国内のキャッシュレス比率が最近伸びつつある一方、デビット以外の決済金額(主にクレジットカードなど)がそれほど伸びていないのに対し、デビットは急増しているという。 もともとの決済金額が大きく異なるため、そのまま比較するのはフェアではないが(クレジットカードに対して2-3%程度の比率)、デビットの急激な伸びは今後の可能性を感じさせる。 キャッシュレス利用動向のアンケートで、きっかけは「お得だから」、使い続けるのは「便利だから」という。 撮影:鈴木淳也 また逆に、キャッシュレスを使い始めた理由が「キャッシュレスを利用するとお得」で、それを継続して利用している理由が「便利だから」というのは良い。 日本政府が掲げる「2025年までにキャッシュレス決済比率40%」を達成するには、おそらく、より多くの消費者の行動スタイルを短期間に変える必要がある。 その一助となるのが「みずほWallet」のようなアプリの存在であり、少額決済にも利用しやすいデビットカードの存在というわけだ。 日本国内ではまだApple Payに対応していないVisaも含め、今後さらにキャッシュレスを進めるには既存のカード会社や国際カードブランドの協力が求められる。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業のご案内

みずほ デビット 還元

みずほ銀行10万円キャッシュバックキャンペーン まず、カードのキャンペーンです。 さらに、 スマホ決済アプリ「 みずほWallet」か「 J-Coin Pay」のどちらかをダウンロードし、みずほ銀行口座情報を登録すると当選確率が2倍に、 両方だと3倍になります。 ちなみに、 応募は不要で対象のカードを利用するだけ、 期間は2019年 12月31日(火)までとなっています。 キャッシュバックは2020年3月下旬までに振り込まれる予定です。 次に、カードについて簡単に触れておきますと みずほJCBデビット みずほJCBデビットの特徴は、詳しくはこちらを見ていただきたいのですが 中学生を除く 15歳以上から申し込めて 年会費は実質(年1回利用で)無料で 海外旅行保険も付いたデビットカードです。 みずほマイレージクラブカード 次に、みずほマイレージクラブカードですが こちらは クレジットカードになりまして、キャンペーンの 対象カードは4種類あります。 みずほマイレージクラブカード THE POINT• 年会費無料• QUICPayとID、2つの電子マネー搭載• ポイント還元率1%以上 みずほマイレージクラブカードセゾン アメリカンエキスプレスカード・ベーシック• 年会費無料• 死亡・後遺障害1,000万などの 海外旅行傷害保険付き みずほマイレージクラブカードセゾンSuica• 年会費無料• Suica機能が付く• 年会費無料• 永久不滅ポイントが貯まる• ANA、スターアライアンス加盟各社で マイルが貯まる ポイントか、旅行保険か、Suica付きか、マイルか で選べば良いわけです。 2019年 12月15日(日)までに• みずほWalletアプリをダウンロード• 初回登録(既に登録済みの人は不要)• エントリー• *登録やアプリの使い方についてはこちらもどうぞ This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の

みずほウォレットでも20%還元!どうせならみずほJCBデビットカードを申し込んで特典の両取りしよう!

みずほ デビット 還元

今回は、 年会費無料のデビットカードから選んでいます。 今までは「デビットカードの還元率はクレジットカードより低い」というのが定説でした。 近年は、 クレジットカード並みに高還元なデビットカードも増えてきました。 さらに、デビットカードはポイントではなく キャッシュバック(現金)で行われるカードがあるのも特徴です。 ポイントの使いみちに悩む必要がなく、便利です。 キャッシュバック代金は、デビット代金を引き落としている普通預金口座に入金されます。 次のデビット決済に使ってもよいですし、現金として引き出して使うことも可能です。 還元率だけでなく、自分に合う使い方ができるかどうかも比較することをおすすめします。 ポイント還元率: 1. 0%(100円で1ポイント)• 還元対象:楽天スーパーポイント• デビット決済に楽天スーパーポイントを利用できる 楽天銀行のデビットカードは、VISA・Mastercard・JCBブランドから選べます。 いずれも ポイント還元率1%と、クレジットカードにも劣らない還元率です。 還元されるポイントは 楽天スーパーポイントです。 貯まったポイントはデビット決済に使えるので、買い物で使い切れます。 もちろん、楽天市場や楽天トラベルなどで使ってもOKです。 以前はVisaデビットのみ年会費有料でしたが、現在はVisaデビットでも年会費無料カード「ベーシックカード」が選べます。 使えるお店の多さで選ぶなら、Visaデビットがおすすめです。 Visaは世界シェアNo. 1のカード国際ブランドで、国内外どちらも使いやすいです。 Mastercardもほぼ同じ加盟店数です。 ショッピング保険や旅行補償も手厚いので、クレジットカードに近いサポートが受けられるのもメリットです。 JCBデビットは、楽天市場での支払いでポイント2倍になるメリットがあります。 楽天銀行をよく利用する人は、JCBデビットもおすすめです。 住信SBIネット銀行Mastercardデビットカード• 還元率: 0. 8~1. 0%(1,000円で8~10ポイント)• 還元対象:スマプロポイント• スマプロポイントは現金交換できる 住信SBIネット銀行では、VisaデビットとMastercardデビットを扱っています。 新たに取り扱い始めたMastercardデビットは、 還元率0. 8%と非常にお得です。 Visaデビットは還元率0. 5%なので、国際ブランドにこだわりがなければMastercardデビットカードをおすすめします。 住信SBIネット銀行Mastercardデビットカードには、プラチナカードもあります。 空港ラウンジサービスなど、飛行機によく乗る人向けの優待が充実したカードです。 Mastercardデビットをプラチナカードに切り替えると、還元率が1. 0%にアップします。 住信SBIネット銀行のATM手数料・振込手数料の優遇サービス「スマートプログラム」のランクが上がるメリットもあります。 年会費有料ですが、デビット決済や住信SBIネット銀行をよく使う人は検討する価値があります。 還元される「スマプロポイント」は現金に交換できるため、使いみちに迷わなくてよい点も便利です。 GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカード• 還元率: 0. 6~1. 5%(1円単位)• 還元対象:キャッシュバック• 取引内容に応じて還元率が変わる GMOあおぞらネット銀行とは、2018年7月にサービスを開始したネット銀行です。 利用代金の0. 6%がキャッシュバックされるデビット機能付きキャッシュカードを全員に発行しています。 預金残高やデビット利用額に応じて優遇が受けられる「カスタマーステージ」でステージを上げれば、最大で 還元率1. 5%までアップできます。 ポイントではなくキャッシュバックという点も、「普段使わないポイントだから使いにくい」という悩みを持たずに済むので助かります。 キャッシュバック分の現金が、毎月預金口座に振り込まれる形で受け取れます。 デメリットを上げるとすれば、新しいネット銀行なので普及率が低いことくらいだと思います。 もし新たに銀行口座を開設しても良いという人は、利用する価値があるデビットカードです。 ソニー銀行 Sony Bank WALLET• 還元率: 0. 5~2. 0%(1円単位)• 還元対象:キャッシュバック• デビットカードを持っているだけで振込手数料の優遇あり ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」は、優遇サービス「Club S」のステージによってキャッシュバック率が変わります。 基本の還元率は 0. 5%です。 Club Sのステージが上がると、 1. 0%、1. 5%、2. 0%と還元率が引き上がります。 海外によく行く人は、外貨預金の残高を増やしてステージを上げるのがおすすめです。 Sony Bank WALLETは、海外で使うと外貨預金から引き落とせるので、両替手数料を節約できます。 Sony Bank WALLETを持っているだけで受けられる優遇もあります。 Sony Bank WALLETを発行すると、 他行宛振込手数料の無料回数が月1回増えます。 Club Sの初期ステージでは、他行宛振込手数料が月1回無料になります。 Sony Bank WALLETを持っていれば、月2回無料で他行宛振込みを利用できます。 イオン銀行キャッシュ+デビット• 還元率: 0. 5~1. 0%(200円で1~2ポイント)• 還元対象:ときめきポイント• WAONオートチャージでポイント二重取りが可能 イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオンカードの「ときめきポイント」が 0. 5%還元されます。 イオングループの店舗で決済すると、 1. 0%還元に倍増します。 ときめきポイントは、カタログ商品や金券、他社ポイントへ交換できます。 電子マネーWAONやdポイントなど以外に、Suicaチャージもできます。 イオン系列店以外でも、イオン銀行キャッシュ+デビットの還元率を1. 0%に上げる方法があります。 電子マネーWAONのオートチャージです。 イオン銀行キャッシュ+デビットには、WAON機能も搭載しています。 WAONの還元率は0. 5%(200円で1ポイント)ですが、デビットカードからオートチャージ設定すると、ポイント二重取りで1. 0%還元となります。 電子マネー決済できるお店の多くは、WAON決済にも対応しています。 コンビニなどでWAONを使うようにすれば、イオン系のお店以外でも1. 0%還元を受けられます。 セブン銀行デビット付きキャッシュカード• 還元率: 0. 5~1. 0%(1,000円で5~10ポイント)• 還元対象:nanacoポイント• セブンイレブンでポイント還元率アップ セブンイレブンやセブンネットショッピング、そごう・西武では、セブン銀行のデビットカード還元率が 1. 0%となります。 ほかのお店では、通常還元率0. 5%で利用できます。 セブン銀行デビット付きキャッシュカードの注意点は、1,000円からのポイント還元という点です。 少額の買い物ではポイント還元を受けられません。 1,000円未満の買い物では、デビットカードに付帯する電子マネーnanacoでの支払いがおすすめです。 電子マネーnanacoは、200円につき1ポイントがたまります。 セブンイレブンの店頭でnanacoカードを発行すると、発行手数料が300円かかります。 セブン銀行デビット付きキャッシュカードを発行すれば、nanacoカードも無料で持てます。 とはいえ、セブンイレブンの利用頻度が少ない人は、還元率が0. 5%を超えるほかのデビットカードでもよいかもしれません。 あおぞらキャッシュカードプラス• 還元率: 0. 25~1. 0%(1円単位)• 還元対象:キャッシュバック• 半年のデビット決済額によって還元率が変わる あおぞら銀行キャッシュカードプラスは、キャッシュカードとデビットカードが一体型となったカードです。 利用金額に応じて 0. 25~1. 0%の還元率を誇り、デビットカードを日常的に使う人にはおすすめです。 キャッシュバック率を1. 0%まで引き上げるには、毎月10万円ほど利用する必要があります。 利用金額が少なくても、毎月2. 5万~5万円くらい使う人なら、0. 5%の還元率になります。 キャッシュバックは、毎年2月と8月にまとめて行います。 5万円 0. 25% 15万~30万円未満 2. 5~5万円未満 0. 5% 30万~60万円未満 5~10万円未満 0. 75% 60万円以上 10万円~ 1. 0% あおぞら銀行は全国に支店がありますが、ネット完結で口座開設できるインターネット支店「BANK支店」もあります。 BANK支店は、 ネット銀行を上回るほど預金金利が高いので、貯蓄用の口座を持ちたい人にもおすすめです。 記事執筆時点の普通預金金利は、0. 2%です。 定期預金並みの好金利で、普通預金を利用できます。 りそなVisaデビットカード• 還元率: 0. 2%(500円で1ポイント)• 還元対象:JNBスター• ワンタイムデビットも利用可能 日本初のネット銀行であるジャパンネット銀行は、デビットカードの還元率はあまり高くありません。 デビット還元率よりは、利便性にメリットが多い銀行です。 デビットカードサービスでは、ネット専用の ワンタイムデビットという独自のサービスが高く評価されています。 カード番号を使い捨てられる、バーチャルデビットカード機能です。 海外のネット通販など、カード番号を入力することに抵抗があるシーンに役立ちます。 利用後にカード番号を無効にすれば、万が一カード番号が他者に知られても不正利用されません。 実店舗ではプラスチックカード、ネットショッピングではワンタイムデビットと使い分けられるのは、ジャパンネット銀行だけです。 三菱UFJ-VISAデビット あおぞら銀行と合わせて個人的には非常におすすめのデビットカードが、 三菱UFJ-VISAデビットです。 デビットカードは銀行口座と結び付けられるので、できれば普段使っている銀行のデビットカードを持つのが望ましいです。 その点において、国内No. 1のメガバンクである三菱UFJ銀行を普段使いしている人は多いと思います。 基本キャッシュバック率は0. 2%です。 25% 30万円以上 0. 2%のみ) 年間30万円を利用するためには、毎月2. 5万円をデビットカードで決済する計算です。 年会費は1,100円ですが、以下の条件を満たすと年会費無料になります。 初年度はすべての人が無料• 15歳~23歳の間は年会費無料• 24歳以上の方は年間10万円以上の利用で次年度無料 デビットカードでの支払いを中心にすれば、年間10万円はすぐに使えると思います。 デビットカードは銀行口座と結びつけて利用するので、引き落とし口座はデビットカードを発行している銀行に限られます。 そういう意味では、すでに口座を持っている銀行のデビットカードを利用するのが、最もスムーズではあります。 メガバンクの口座を持っている人は多いと思うので、その点では 三菱UFJ銀行や りそな銀行に優位性があります。 しかし、もしキャッシュバックやポイントバックの還元率重視なら、 楽天銀行や 住信SBIネット銀行がおすすめです。 ポイント還元率が1番高い楽天銀行は、ネット銀行の中でも口座開設数No. 1なので、すでに口座を持っている人も多いかもしれません。 楽天銀行デビットカードの還元は楽天スーパーポイントです。 楽天サービスを使わない人にとっては、実質現金キャッシュバックの住信SBIネット銀行のほうが便利かもしれません。 住信SBIネット銀行は、ATM手数料や他行宛振込手数料が最大で月15回無料にできます。 手数料の節約をしたい人にもおすすめです。

次の