下部温泉。 下部温泉のおすすめ温泉と観光スポット14選

下部温泉郷 湯宿 梅ぞ乃【公式サイト】

下部温泉

この記事の目次• 下部温泉会館 下部温泉にある公営の公衆浴場「下部温泉会館」。 お風呂は、4~5人ほどが入れるシンプルな内湯が一つ。 お湯はぬるめで長湯できるので湯治にはぴったりで、窓から下部川を望みながら湯あみを楽しむことができます。 立ち寄り湯コースと1日ゆったりコースがあり、大広間や休憩室も完備しているので、のんびりと下部の湯を楽しむことができます。 名称 下部温泉会館 しもべおんせんかいかん 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部1130-1 時間 10:00~17:30 料金 大人:500円、小学生:400円/ 1日コース 大人:1000円、小学生:600円 風呂 内風呂 温泉 下部温泉 電話 0556-36-0124 地図 2. 健康・旬彩の宿 ホテル守田 創業100余年の老舗旅館「健康・旬彩の宿 ホテル守田」。 元大関・魁皇関も湯治に訪れたという効能豊かな温泉と、無農薬有機野菜や有精卵など、素材に拘った健康料理が自慢です。 お風呂は、大浴場と露天風呂を備え、ぬる湯源泉とあつ湯源泉の2つの湯を楽しむことができます。 日帰り入浴も可能で、立ち寄り湯はもちろん、宿自慢の健康料理と温泉入浴、客室休憩がセットになった日帰り温泉プランも利用できます。 下部ホテル 広大な赤松自然林の中に佇む「下部ホテル」。 地産地消のバイキング、山梨名物会席、創作料理の3コースから選べる夕食が自慢です。 温泉は、2種類の源泉と12種類の湯船で湯めぐりを楽しむことができます。 日帰り入浴も受け入れており、立ち寄り湯はもちろん、宿自慢の和食会席と温泉入浴がセットになった日帰り温泉プランも好評です。 湯宿 梅ぞ乃 朱色の外観が印象的な和風旅館「湯宿 梅ぞ乃」。 季節の食材を生かし、自家農園の野菜も盛り込んだ自然会席が自慢です。 温泉は、檜風呂のある開放感ある大浴場で、歴史ある「ぬる湯」と新源泉の「あつ湯」の両方を楽しめます。 日帰り入浴も受け入れており、立ち寄りでも下部の名湯を堪能できます。 名称 湯宿 梅ぞ乃 ゆやど うめぞの 住所 山梨県南巨摩郡身延町上之平1848-8 時間 10:00~16:00 料金 大人:1080円、子ども:540円 風呂 内湯 温泉 下部温泉 電話 0556-36-0306 HP 地図.

次の

下部温泉の日帰り温泉【厳選】おすすめ6選

下部温泉

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. 岩風呂 当館の温泉は1日1組様限定で貸切利用が可能です! 入浴時間:22〜23時(1組様60分間)ご予約制です。 お料理一例 清流の川魚や山菜など、自然の恵みをご提供します。 下部ならではの四季折々の新鮮な旬の味をどうぞ。 お部屋一例 下部川の清流のせせらぎに耳を傾けながら畳の上で 足を伸ばしてのんびりお過ごしいただけます。 ロビー 大きく設けた窓からは下部川の清流をご覧頂けます。 到着、出発時にホッと一息どうぞ。 施設外観 長期の湯治がなかなか難しい方もご相談下さい。

次の

山梨県身延・下部温泉郷、源泉かけ流しの湯治宿不二ホテル

下部温泉

下部温泉のホテル事情 下部温泉の主要宿泊エリア 山梨県南巨摩群、富士山の西側を流れる富士川沿いに位置する下部温泉。 周囲は山に囲まれ、都会の喧騒を忘れさせてくれるひっそりと静かな温泉街です。 古くから湯治場として栄え名湯100線にも選ばれています。 温泉宿は富士川のそばを中心に集結しています。 日帰り入浴ができる施設もあります。 温泉郷エリアはさほど広くはないので、散策を楽しむのもおすすめです。 マップを片手に散策のモデルコースを巡ってみてはいかがですか。 下部温泉へのアクセス 富士山に近い立地のため、山梨県内には富士山の絶景を望むドライブコースがたくさんあります。 レンタカーを利用して、周辺の観光を楽しみながらアクセスするのがおすすめです。 東京方面からは東名高速道路や中央自動車道を利用すると約2時間半の道のりです。 小型車で目的地までの移動のみというショートコースのレンタルなら格安で利用できますよ。 JR利用の場合はJR中央線甲府駅から見延線に乗り換えて下部温泉駅下車となります。 下部温泉の主要観光地 本栖湖は下部温泉から最も近い富士五湖の一つです。 水深138mと全国でも屈指の深さを誇り瑠璃色に輝く湖面が神秘的です。 観光だけでなく、ウィンドサーフィンやヨットといったレイクスポーツも楽しめます。 ぜひ立ち寄りたいスポットです。 温泉郷から散策コースでおすすめはあじさい寺(下山妙見字)。 6月~7月にかけて約6万本ものいろとりどりの紫陽花が咲き誇ります。

次の